米軍のオスプレイの様に垂直離着陸ができ水平飛行もできる垂直離着陸機(VTOL機)を、なんと電気エネルギーでまかなうという世界初の電動VTOL機「Lilium Jet」が、見事に、オリジナルサイズでの初フライトに成功しました。最大時速300キロメートル&航続距離300キロメートルの小型電動ジェット機Lilium Jetは、滑走路不要で離着陸でき、排ガス問題や騒音問題とも無縁なので、近い将来の都市交通を激変させる可能性を秘めています。

Lilium | Mission

https://lilium.com/mission/

Lilium Jetが初フライトで、見事に垂直離着陸&水平飛行を成功させる様子は、以下のムービーで確認できます。

The Lilium Jet - The world's first all-electric VTOL jet - YouTube

Lilium Jetが置かれているドイツ・ミュンヘンの格納庫。



「Lilium Jetは、垂直離着陸ができ、水平飛行も可能な世界で初めての電動飛行機です」と述べるのは、Liliumの共同創業者で最高経営責任者のDaniel Wiegand氏。



Lilium Jetは合計36個のジェットを翼に搭載する電気飛行機。ジェット燃料ではなく、充電した電気が動力源です。



ジェットファンの向きを変えることで、垂直離着陸したり、水平方向に飛行したりできます。



世界中から集まった40人を超える数のデザイナーやエンジニアが昼夜を問わずに開発してきたLilium Jetは、ついに初飛行の日を迎えることになりました。



初フライトを前に、入念にジェットを点検しています。



飛行テスト当日は、晴れ。



地上に静止した状態のLilium Jetは……



まるでヘリコプターのように、その場でゆっくりと浮上開始。





見事に垂直離陸に成功しました。



喜ぶ開発者たち。



そして、ゆっくりと前進し始めるLilium Jet。



ジェットの向きを変えて気流を変化させることで、狙い通り推進力を得ることに成功。



ここからは小型飛行機のように飛行を開始。



トップスピードは時速300キロメートル。



大きく旋回して、Uターンにも成功。



Lilium Jetの航続距離は300キロメートルとなっています。



テスト飛行を終えて、Lilium Jetはゆっくりと垂直に着陸することにも成功しました。垂直離着陸できる電動飛行機の初フライト試験は完全な成功で幕を閉じました。



「誰もがいつでも手軽に飛べること」を目標に、Liliumはドイツで生まれたスタートアップです。パーソナルVTOL機を身近な乗り物にするのがLiliumの目的。



垂直離着陸できるLilium Jetは、長い滑走路が不要で、さらには電気飛行機のため騒音問題もないため、ビルの屋上を使って離着陸が可能です。



例えば、現在、マンハッタンからJFK空港まで55分かかるところが、Lilium Jetであればわずか5分で移動可能だとのこと。通勤に長い時間をかけている人であれば、毎日多くの余暇を生み出せるようになります。



Lilium Jetはタクシーにも応用される予定。目的地をタップするだけで、わずか数分でLilium Jetを手配するという配車サービスならぬ「配ジェット」サービスが提供される予定です。



Liliumによると、15分で12キロメートルしか移動できない自動車に対してLilium Jetは70キロメートル移動可能だとのこと。生活圏を30倍以上広げることができます。都会の喧噪を離れて田舎に住み、仕事の時だけ都会に出る、ということも十分可能になりそうです。



電動のLilium Jetは排気ガスを出さず、音も比較的静かだとのこと。自動車からLilium Jetにシフトすれば、都市環境が良くなるはずだとLiliumは訴えています。



2013年にスタートしたLiliumは、予定通りオリジナルサイズでのテストフライトに成功しました。今後は、2019年に最初の有人飛行試験を行い、2025年にオンラインでLilium Jetを予約できる配ジェットサービスの開始を予定しています。