韓国人男性ら被害額を数億円上回る現金所持

写真拡大

 20日、福岡市の駐車場で約3億8000万円を奪われた強盗事件で、警察は事件後、福岡空港で被害額を数億円上回る多額の現金を持っていた韓国人らのグループを発見し、事件との関連を慎重に調べている。

 この事件は、20日午後0時半ごろ、福岡市天神の駐車場で東京・足立区の29歳の男性会社員が2人組の男に襲われてケガをし、現金約3億8000万円が入ったスーツケースを奪われたもの。男らは、現金を奪った後、あらかじめ準備していたとみられる白いワンボックスカーで逃走している。

 事件後、福岡空港の国際線ターミナルで手荷物のX線検査をしていた税関職員が被害金額の約3億8000万円に近い多額の現金を持った韓国人の男性2人を発見し、警察に届け出た。

 空港には、この2人のほかに数人の仲間がいて、この仲間も多額の現金を持っていたという。このグループが持っていた現金の総額は、強盗事件の被害額約3億8000万を数億円超えるという。警察に対し1人の男性は、「カネは知人から預かった」などと話し、強盗事件への関与を否定している。

 警察は、このグループについて限度額を超えた現金を海外に持ち出そうとした関税法違反の疑いがあるとみて調べるとともに、強盗事件との関連について慎重に調べている。