「あさチャン!」が毎日新聞記事をもとに伝えるところでは、インターネット通販大手のアマゾンジャパンがきょう21日(2017年4月)から、有料会員向けの新サービス「アマゾンフレッシュ」をはじめる。肉や魚、野菜などの生鮮食品だけでなく、日用品、菓子や精肉の専門店の商品約10万点を最短4時間で配送するという。

東京の6区でスタート

配送先はまだ東京の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区(一部エリアを除く)に限ってのスタートだ。サービスを利用するには有料会員の年会費3900円に加えて月額500円が必要で、配送料は500円、1回6000円以上の注文で配送料が無料になる。

司会の夏目三久「忙しいお母さん、帰りの遅いサラリーマンの方、お年寄りの方にとっても便利なサービスだと思いますが、ドライバーさんの負担が増えなければいいなあと思いますね」

アマゾンはヤマトなど宅配業者は使わず、自社配送で対応するとしている。

似顔絵 池田マコト