J1通算「20,000ゴール男」は誰!?ガチで当てにいってみた

写真拡大

1993年の開幕から24年目を迎えたJリーグ。今週末には第8節が行われるが、J1の通算ゴール数があと1つで20,000ゴールに到達する。

記念すべき第1号ゴールは1993年5月15日に国立競技場で行われたヴェルディ川崎vs横浜マリノスの開幕戦。

元オランダ代表FWマイヤー(川崎)が突き刺した強烈な一発は、新時代の幕開けを告げるのに相応しいスーパーゴールだった。

その後、1998年にバジーリオ(柏レイソル)が5,000ゴール、2005年5月に前田雅文(G大阪)が10,000ゴールをマーク。それから約12年の時が経過し、今度は20,000ゴールに到達しようとしている。

今週末のJリーグは来週ACLを控える川崎が清水と、ガンバ大阪が大宮とそれぞれ金曜日に試合を行う。

そのためこの2試合で達成される可能性が高いと思われているが、Qoly編集部では誰が20,000ゴールを達成するのかを本気で予想してみた。

井手口陽介(ガンバ大阪)

10,000ゴールは意外な男が奪った。つまり、ガンバ大阪の予想外な選手が奪うと考えてみよう。しかし、あまりにゴールから遠い選手を選ぶのも難しい…そうなればやはり中盤。古巣対戦の泉澤仁と迷ったが、井手口陽介に1000円賭けよう!(編集部K)

阿部浩之(川崎フロンターレ)

1万ゴールであっと言わせた前田雅文同様、2万ゴール目もガンバ大阪絡みの選手が決める気がしてならない。個人的に“狙い目”だと感じるのは、ガンバ同様金曜に試合を行う川崎フロンターレの中で、昨年までガンバに所属していた阿部浩之だ。得点感覚に優れる彼は川崎でもすでにいくつものゴールに絡んでおり、この辺りが移籍後初ゴールのタイミング。記念すべきゴールを決め、矢部浩之の『やべっちF.C.』で名前ネタになるまでの流れがはっきりと見える。(編集部O)

オウンゴール

Jリーグが発表しているデータ集によれば、これまで決まった「記念ゴール」の中にオウンゴールは一つもないという。というわけで、そろそろそういう“珍事”があっても良さそう。全く根拠はないが…あえてベットするとしたら清水の誰か?(編集部S)

野津田岳人(清水エスパルス)

なんとなく4の背番号が付いた選手がとるのではないかとひらめいた。そして、戦術的にパスで崩すチームよりは意外なチームがさらっと点を取ると予想しエスパルスなのではないかと考えた。4がつく背番号の選手は何人かおり、第一印象では髪形的にカヌが面白いなと思ったがこれまでの出場は0、現実的に考えてスタメンで使われている選手とした。(編集部Q)

江坂任(大宮アルディージャ)

今季リーグ戦未勝利の大宮は、7試合でわずか2得点と苦しい状況にある。ただ、直近のJ1第7節清水エスパルス戦では、MF江坂任が開始わずか5分でゴール。キックオフから5分でのゴールは、金曜日に試合を行うJ4チームのなかで今季最も速い時間帯での得点だ。2試合連続で…というのはなかなか難しいだろうが、だからこそ期待してみたい。(編集部I)

都倉賢(コンサドーレ札幌)

誰もが金曜日に行われる2試合で達成されると思っているからこそ、あえて万馬券狙いで除外!翌日14時キックオフの3試合のカードを見ると浦和の可能性が高い気もするのだが…Qoly準レギュラー的な存在(?)にして遂にJ1で覚醒した“フィジカルモンスター”、都倉賢が決めるはず。これで一攫千金ゲットだぜ!(編集部H)