クォン・サンウ&チェ・ガンヒ主演ドラマ「推理の女王」視聴率10.9%で水木ドラマの1位をキープ

写真拡大

「推理の女王」が視聴率同時間帯1位を記録した。

21日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、20日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」は、視聴率10.9%を記録した。

同時間帯に放送されたSBS「師任堂(サイムダン)、色の日記」は視聴率8.3%、MBC「自己発光オフィス」は視聴率6.7%を記録した。

「推理の女王」は同時間帯視聴率1位のタイトルを守った。7.7%を記録した19日の放送分よりも3.2%上昇した数値だ。

「推理の女王」は生活密着型推理クイーンことソルオクと、ハードボイルドベテラン刑事のワンスンがファンタスティックなパートナーとして生まれ変わり、犯罪で傷ついた人々の心まで癒すヒューマン推理ドラマだ。クォン・サンウ、チェ・ガンヒ、イ・ウォングン、シン・ヒョンビンが出演している。