多くの女性にとって、プロポーズを受けることは人生の中でもっともロマンチックな体験の1つ。最愛の男性に片膝をつかれ、愛を告げられたら…だれでも一瞬にして夢の世界に迷い込んだような気分になるはず。

でも、考えてみると、そもそも、何故男性が片膝をつくようになった由来を知っている人は少ないのでは? 男性はどんな目的や意図があってそんなポーズを取るの?

コスモポリタン イギリス版が紹介した<Engagement Ring Bible>の調査によると、この伝統には中世の「騎士、騎士道精神、そして正式な求愛行動」が根付いていた時代まで遡るとのこと。

「その時代、騎士は領主に対して敬意、服従、そして忠誠心を表すために片膝をつきました。この行為は宗教的な儀式でも一般的になされていたもの。当時、結婚と宗教は密接に関わっていました」

「そのため、礼節を重んじる紳士が恋人に対して結婚を申し込む際、彼女に対する忠誠心と永遠の愛を誓うために片膝をつくことは、彼らにとってごく自然な行為だったのです」

ということは、あなたのパートナーが片膝をつき、あなたの手を取って結婚を申し込んできたら、それは彼があなたに対して誠実で、尊敬の念を抱いているということ。

ただ、彼がここまで歴史的背景を理解した上で結婚に踏み切ろうとしているのかは疑問だけど…。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK