藤原竜也、驚きのクズすぎる本編セリフとは?映画『22年目の告白』

写真拡大

 藤原竜也、伊藤英明の初共演となる映画『22 年目の告白―私が殺人犯です―』が6 月10 日より全国公開。この度、藤原が演じる美しき殺人犯・曾根崎雅人のクズっぷりが分かる衝撃的なセリフが到着した。

 本作は、藤原がまた新たな“クズ役”を演じることでも話題となっている。藤原が熱演する曾根崎は、22年前に5人の命を奪った連続殺人事件が時効を迎えた時に突然現れた“絶対に捕まらない殺人犯”。自分が犯した殺人事件の真相を綴った告白本を出版し、メディアを引き連れて遺族のもとに謝罪に行くなど、次々と世間を挑発しながら“曾根崎ブーム”を巻き起こし、日本中を狂わせていく。

 今回明らかになったのは、曾根崎が自身の犯行を記した告白本『私が殺人犯です』の出版会見シーンのセリフ。会見で自身が犯した殺人事件について淡々と語る曾根崎だが、殺人において独自の美学による<3つのルール>があった。それは被害者を後ろから縄で締め上げること、その瞬間を被害者の最も親しい人間に見せること、自身の犯行を証言させるため目撃者をあえて殺さないことだ。残忍すぎる殺人のルールにこだわりを持っているクズだがどうして彼はそんなことを犯したのか。それは「一つの殺人において両者を堪能することに、私は形容しがたい快感を感じていた」からだ。このセリフが書かれた貴重な台本の画像も合わせて公開され、台本上に書かれた文字であるにも関わらず、胸糞悪くなるような、キャラクターを象徴するセリフのひとつであると言えるだろう。

 また、曾根崎のクズぶりを実感させるセリフはこれだけではない。カリスマ性を持ち突然現れた曾根崎は、かつて目の前で殺人を見せ、生かしておいた被害者遺族の医師・山縣に会いに行く。マスコミを引き連れ現れた曾根崎は、「山縣先生。22年前、先生の目の前で奥様を殺したのは私です」とわざとらしく土下座のパフォーマンス。これは謝罪と言うよりメディアを使って世間を煽るための行為であり、遺族にとっては時効が過ぎて捕まえられない犯人を前に悔しさが募るだけだ。人の感情をとことん逆なでしていく姿もクズそのものであるといえるだろう。

 藤原は今までにも数々のクズ役を演じてきた。例えば『藁の楯』で演じた清丸は幼女を狙う殺人犯で、被害者遺族から10億円の懸賞金がかけられたことで、日本中から命を狙われることになる。彼の身柄を護送する刑事たちが次々と倒れていくのを面白がり、移送中の道中でも幼女を襲おうと企むなど、鑑賞者の度肝を抜く“クズ”ぶりを発揮した。本作の曾根崎も、殺人に快楽を感じ、被害者ばかりか遺族の感情までをも踏みにじるクズでありながら、日本中を巻き込むカリスマ性を持った殺人犯。今までに数々の“クズ”を演じてきた藤原の新たなはまり役となっているようだ。不気味で恐ろしくも目が離せない曾根崎の姿を、劇場で目撃して欲しい。

◎公開情報
『22年目の告白―私が殺人犯です―』
2017年6月10日(土)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会