「総選挙」について語った指原莉乃

写真拡大

4月20日(木)に放送された「HKT48のお出かけ!」(TBS系)のオープニングで、指原が約2カ月後に沖縄で開催される選抜総選挙への熱い想いを語った。

【写真を見る】自身のファンについて「お金使う場所ないから、指原応援するかみたいな人が多い」と語った

今年で最後の出馬と公言し、自身の三連覇がかかった総選挙。番組での第一声は、「台風の時期に沖縄行くのヤダ〜。しかも野外ですよ。イヤだー、雨に濡れたらブスだもん絶対」だった。

フットボールアワー・後藤から「カラッとしてるときにイケてるみたいに言うな」とブスいじりされるが、「でも沖縄っていうのはちょっとアガる」とコメント。

後藤が、「選挙に出ない=(イコール)卒業っていうのが、ある程度の方程式であるやんか。直結してその年に卒業って訳ではなくても、何かしら卒業というトンネルの向こう側が見えてきてるような感じではあるの?」と問う。

「(そういった感じは)私にはないですけど…まだ総選挙でるし、今年は。シンプルに9回出てるんで今年で。もうこれ以上も先もないと言うか…」と自身最後と公言した心情を明かす。

そこから、昨年のNHK紅白歌合戦「夢の紅白選抜」で1位を獲得したNMB48・山本彩との対決について、今年不出馬となった山本彩の真相を「実は、紅白の後に“(総選挙に)出るの?“って聞いたんです。(そしたら)出ないって言ってたんで」と、すでに出ない方向だったことを打ち明けた。

さらに「出ないか出るかなんて、私たちだけで勝手に決められることじゃないんで、こないだ総選挙の締め切り前にさや姉と会ったときに、どうだった?って聞いたとき、“実は今回出なくなったんです”ってなったんで、“あ、良かったじゃん”ってなりました」と付け加えた。

「紅白の段階で今年は出ない方向でって言っててうまく行ったんで、多分さや姉は去年からずっと(出ることに)葛藤が会ったと思うんで。後さや姉ってソロのシンガーですから、ソロ活動ができないんですよ。AKBにいると時間がなくて、ほぼ。だからソロの活動と両立できるって言う意味で、総選挙に出ないっていうことで、総選挙期間中とその次のシングルまでお休みができるんで、そこで一人の仕事ができるから」とさや姉をフォロー。

これには後藤も「そういうことか、なるほど、(出馬することで)グループでいることの時間が長くなる。それは説明いるな」と納得。

指原も「それをちゃんと言わないと、ただ出たくないって言ってる訳じゃなく。あの人たちは(ソロの)制作活動もしなきゃいけない。って意味で今回は出馬しなかった」と明かした。

選抜上位メンバーについては、「まゆゆとか咲良、珠理奈とか、1位候補なのかな」と予想。HKTからの選抜ランクイン予想として、「今回は宮脇(咲良)、矢吹(奈子)、朝長(美桜)が入るのか?と」3人の名を上げ、HKT的にも重要なターニングポイントとなることを明かした

後藤から「正直に言うで、V2して次V3狙います。ここで私の総選挙終わりです言うたやん。敵おらんやん」と質問され、指原は「まゆゆ(渡辺麻友)も最後なんです」と答え、1位争いがまゆゆのリベンジと若手の台頭でより激化していることを伝える。

最後の総選挙にファンの反応は?の質問には、「でもやっぱ私のファンって、変わった人が多いと言うか、なんか、余生を楽しむために指原を応援しているみたいな。だから総選挙出て欲しいって人の方が多いですね。お金使う場所ないから。“仕事いったん落ち着いたしなー指原応援するか”みたいな人が結構多かったりとか」と自身のファン層の濃さをアピール。

毎年恒例となっている後藤の投票について、「あ、投票誰にするんですか今年?最後ですよ、さすがに最後ですよ。私も楽しみにしてますから」と問い詰めるも、「なんでもう(指原に)入れる前提になってんねん」と突っ込まれ、笑いのうちに指原の総選挙への思いを締めくくった。

次回は4月27日(木)、「懐かしレコード聞き込み捜査!昭和の歌謡曲を学べ!」が放送される予定。