写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日差しがポカポカと暖かくなり、時には汗ばむほどの陽気になってきたこの頃。これから夏になる前に、スッキリとしたプロポーションになるためダイエットを決意している人も数多くいるはずだ。

ダイエットの定番といえば、やっぱり食事制限。半ば願掛けのように「目標体重まではコレを食べない」と決意して減量に励む人もいるだろう。それでも、誘惑に負けたり、やむを得ない事情で食べてしまったりすることもしばしば……。

マイナビニュース会員310名を対象に「●●をダイエット中は食べない」と決めたものの、我慢できずに飲食してしまった経験があるかどうかを尋ねたところ、66.8%が「ある」と回答。やはり多くの人が、ダイエット中でも禁止した食べ物や飲み物を口にしてしまっているようだ。

では、実際に我慢していたもの、そして我慢が限界を迎えてしまった状況はどのようなものだったのだろうか。それぞれ回答してもらった。

Q. ダイエット開始時に「食べない」と決めたメニューを、ダイエット中に飲食してしまった経験はありますか?

はい(66.8%: 207人)
いいえ(33.2%: 103人)

Q.「はい」と答えた方にお聞きします。 実際に飲食してしまったものを教えてください

1位: スイーツ全般(46.9%)
2位: スナック菓子類(40.6%)
3位: ご飯・パン類(34.8%)
4位: ラーメン・パスタ類(30.0%)
5位: 揚げ物全般(26.1%)

■スイーツ全般
・「甘いお菓子を断つつもりだったが、疲れて腹ペコで帰ってきたときに食卓の上にシュークリームが置いてあったので、思わず食べてしまった。好きなものを断つダイエットは精神的に悪い」(49歳男性/総合電機/事務・企画・経営関連)
・「ケーキ屋の前を偶然通った際にケーキが見え、腹が減って我慢できなくなり、ケーキを買って食べたが後で悔やんだ」(22歳男性/その他/その他)
・「社内でスイーツのお土産や差し入れを頂くことがあるので『これは仕方ない』と言い訳しながら食べてしまう。後悔はない」(26歳女性/旅行・観光/事務・企画・経営関連)
・「家族が買ってきた限定スイーツを我慢できずに食べてしまった。『今日は特別だから仕方ない。また明日から頑張ろう』と思いました」(37歳男性/文具・事務機器関連/技能工・運輸・設備関連)
・「カロリーが高いのでチョコレートの摂取を控えていたが、『小さいチョコひとつくらいなら……』と軽い気持ちで食べ始めると歯止めが利かなくなる。甘いもの系は無性に食べたくなるので我慢が難しい」(26歳女性/食品/専門職関連)
・「冷凍庫に入っていたアイスを封印しようと思ったが、考えれば考えるほど気になりだし、結局冷凍庫から開けてストックをすべて食べてしまった」(35歳女性/繊維・アパレル/事務・企画・経営関連)

■スナック菓子類
・「スナック菓子の新商品や期間限定商品、地域限定商品をお茶の時間に出されると我慢できない。後悔はするが明日頑張ろうとも思う」(51歳女性/その他/その他)
・「油もの、特にポテトチップスの禁断症状が出ました。ただ、食べた後も、あまり罪悪感はありませんでした」(60歳以上女性/その他/その他)
・「スナック菓子は塩分、油分が多いので避けなければならなかったが、我慢すればするほど食べたくなってしまう」(23歳男性/その他/その他)
・「ジュースやスナック菓子を何度も何度も止める決意をしましたが、一人のときについ食べてしまうことが続き、情けない気持ちで一杯になりました」(57歳男性/その他/その他)
・「スーパーで見かけると買ってしまうときがある」(31歳男性/教育/その他)

■ご飯・パン類
・「炭水化物がどうしても食べたくなり、(眠れなくなり)深夜に食べてしまいました」(34歳女性/教育/専門サービス関連)
・「ご飯が好きだったので、食べ始めたらやめられなくなった。それから痩せられない」(53歳男性/その他/専門職関連)
・「賞味期限が近づいたパンを妻から渡された。仕方がなかった」(48歳男性/その他メーカー/技能工・運輸・設備関連)
・「子供が残したごはんを食べてしまった」(37歳女性/その他/その他)

■ラーメン・パスタ類
・「ラーメン。飲酒後に会社の同僚に誘われ、付き合わざるを得ず。後悔した」(59歳男性/その他電気・電子関連/営業関連)
・「普通のしょうゆラーメンが我慢できないほどに食べたくなり、たまにはいいだろうと外食で食べてしまった。後々、その分を取り返そうとかえって励みになったと思う」(39歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)
・「ラーメン。ご飯を抜いていて、夜中にお腹がすいて起きて食べに行きました」(48歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)

■揚げ物全般
・「油っこいものを控えていたのだが、余計に食べたくなって結局ドカ食い。自己嫌悪で後悔しまくりだった」(31歳女性/銀行/事務・企画・経営関連)
・「油物を避けていたが、友人がトンカツをおいしそうに食べているのを見て、つい手が伸びてしまった。食べた後に『しまった』とは思ったが、『また今日から頑張ればいい』と自分を無理やり納得させた」(53歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/ IT関連技術職)

■総評

1位となったのは、5割に迫る勢いで回答を集めた「スイーツ全般」。嗜好品なだけに、甘いものの誘惑はほかの食べ物とは別物のようで、「どうしても我慢できずに」というようなフレーズがよく見られた。一度目にしてしまうと、我慢することが難しいのがスイーツのようだ。また、スイーツに目が無いのは女性のイメージだが、男性も多くの人がスイーツ全般を挙げていた。

首位と6.3ポイント差で2位となったのが「スナック菓子類」。こちらは、特にポテトチップスを挙げる人が多かった。また季節限定品などについ手が伸びてしまうという声もあった。3位には「ご飯・パン類」、4位には「ラーメン・パスタ類」と、炭水化物系のメニューが並んだ。糖質制限ダイエットで避けている人も多いのだろう。こちらも1位のスイーツ系のように「どうしても食べたい」「仕方なかった」などのフレーズがよく見られた。5位の「揚げ物全般」では、トンカツを我慢できなかったという人が比較的多い印象だった。

ちなみに6位以下は、菓子パン類(25.6%)、アルコール全般(19.8%)、肉全般(17.9%)、丼もの(15.0%)となった。「肉全般」は2割に届かず、意外とダイエット中でも避けられてはいない印象だ。

ダイエット中に禁止していたものを口にしたことで「後悔した」という声も多かったが、「明日から頑張ろうと思えた」というポジティブな意見も少なくなかった。甘いものや炭水化物、油分はダイエット中は避けたいのが多くの人の本音のはず。だがダイエットへの活力になるのであれば、少しだけ食べて満足感を得ることも大事なのではないだろうか。我慢した結果、暴飲暴食になってしまっては元も子もない。上手に食べて、ストレスのないダイエットにしてほしい。

※写真と本文は関係ありません

調査時期: 2017年4月5日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 310名(男性198名 女性112名)
調査方法: インターネットログイン式アンケート