21日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、木村拓哉が「芸能界のある先輩」から言われた言葉を明かした。

番組の「プレミアムトーク」コーナーにゲスト出演した木村。芸能界にいる自身について、現在は「求めてもらって初めて自分たちは成り立っている」という心境であることを明かす。

しかし、SMAP時代は「自分たちが主導」だと考えていた時期もあったとか。そんなとき、「イニシャルがSで三文字の名前」の先輩から「自分で(全部)成り立ってると思うとるやろ?」と尋ねられたという。木村がうなずくと、相手は「アホか、お前」と呆れ、「俺らは(周囲に)生かされとるのや」「お前は(ひとりで)歌ってると思っとるやろ。聞く人いなかったらどうよ?」と諭されたのだ。

木村はその言葉に胸を打たれたようで、「すごい変わりました」と当時の実感を振り返っていた。メンタル面がリラックスする一方で、フィジカル面は背筋が伸びるような感覚を体験したそうである。「S」は関西弁のようだが、有働由美子アナが「あの方、いいことおっしゃる」と心当たりがありそうにコメントをすると、木村も「裏ではすごいイイこという」と応じていた。

【関連記事】
明石家さんまに新しい恋の予感? 木村拓哉が暴露
明石家さんま 木村拓哉のことで妻・工藤静香からクレーム
木村拓哉が敬遠していたゴルフを始めた理由 明石家さんまから挑発される