写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは4月20日、モバイルサービスの本人確認の手段として顔認証を利用可能なユーザーデータ活用基盤ソフトウェア「NC7000-3A」を、金融機関や通信事業者など向けに提供開始すると発表した。価格は個別見積もり。

「NC7000-3A」は、Webサービスを提供する時に必要なIDの管理・認証機能や、IDにひもづくユーザーデータをパートナー事業者などに提供する機能を持つソフトウェア。

今回、顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用したモバイルサービス向け認証エンジンを同製品に組み込んで提供。これにより、スマートフォンをはじめとするモバイル端末からオンラインサービスを利用する際に顔認証による本人確認が可能になった。

そのため、パスワード認証時の課題であったパスワード流出によるなりすましの防止や入力の手間の削減など、セキュリティ強化と利便性向上を両立することが可能となっている。

また、生体情報などのデータを端末外部に送信することなく、オンライン認証可能な標準規格「FIDO」に対応したことで、本人確認に用いるデータの流出リスクを低減する。

(辻)