新生活が始まって、異動や遠距離、社会人になったことで、彼氏と会う頻度が減ってしまったという方もいるのではないでしょうか? 

社会人女子が彼氏と会う“ちょうどいい”頻度って?



ネット上にはちゃんと、社会人男子に聞いた「彼女と会う理想の頻度」に関するアンケート結果が出ています。それによれば、たいてい週1〜2回会いたいという男子が多いでしょう。

でも今回は、会う回数ではなく「どういう気持ちになったら彼氏と会ったほうがいいのか」について見ていきます。以下にご紹介する気持ちになったら、週1といわず、週3でも週4でも、彼氏と会ってみてはいかがでしょうか。

1. 彼氏に褒めてもらいたいと思ったとき



たとえばあなたの仕事がうまくいったとき、あるいは美容院で髪を切ったあと、彼氏に褒めてもらいたいなあと思ったことってありませんか? 社会人になったらお互いに忙しいから、週1で会うのがベターだなんて、誰が決めたことなのでしょうか? ということです。
褒めてもらいたいときに彼氏にちゃんと褒めてもらわないと、それが女子にとって小さなストレスになってくるはずです。だから素直に「今から会いに行ってもいい?」と彼に言えばいいと思います。それが月1であっても、週3であっても、別に構わないのではないでしょうか。

この方法のコツは?
素直さがポイントだろうと思います。「髪を切ったの! どう?」と言えるかどうかです。それを「ウザい」と切って捨てるような彼氏だと、ちょっとね……ですよね。社会人は忙しいと言われますが、それを言うなら学生のほうがまだ忙しいかもしれません。1限から学校に行って、サークル活動をして、深夜までバイト……いつ彼氏と会うのですか? っていう学生さんだっていっぱいいますよね? 

2. 「したい」と思ったとき


彼氏も彼女も、「したい」と思ったら会うべきです。とくに女子がそういう欲求を我慢するところから、カップルに亀裂が入りだします。
「したい」と思っても、それをうまく言えないのが男子です。したいときに素直に「したい」と言ってしまえば、女子がお得意のセリフが待っているのが目に見えてわかっているからです。つまり「わたしのカラダだけが目的で付き合っているの?」と言われるのがイヤでイヤで仕方がないから、男子から「したい」と言わないケースが出てきます。ということは、彼女のほうから言うしかないのではないでしょうか。



3. 彼氏が浮気している予感がするとき


たとえば、「彼氏はいま忙しいのかも。だから、今週もデートに誘うのはやめておこう」と思ったとします。でも同時に「こんなに会わない日が続くと、もしかして浮気してる?」と思ったとします。そう思ったときが、会いどきだということです。
女の勘ってありますよね? 彼氏が浮気していると直感的に感じるとか、これ以上会わない日が続いたら、彼に愛想を尽かされそうな予感がするとか。本来カップルは、こういう勘で行動するべきです。

世の中がいかに進化して、クラウド上でスケジュール管理できるようになろうと、スマホがいかに進化しようと、愛する人に対する直感が鈍れば、そのカップルはもう終わりです。勘という「主観的」かつ「根拠のないもの」を、多くのカップルはもっと信じるべきだと思いますがいかがでしょうか。



学生時代と比べて、社会人になると彼氏も私もお互いに忙しいから……という発想自体が間違っているといえば間違っています。もちろん、社会人になったら残業などで忙しくなる人もいるかもしれません。が、そもそも論を言えば、時間の概念と愛することって、さほどの関係もなかったりします。

つまり「社会人として、彼氏と会う“正しい”頻度」なんかを考えるくらいなら、勘にもっと働いてもらえばいいのです。時間をやりくりするという発想の前に、あなたの持って生まれた勘を頼りに「会いたいときは会う・会わなくても平気なときは、お互いに自分のことに集中する」という判断基準を、堂々と持ってみてはいかがでしょうか? 
(ひとみしょう)