坂口杏里

写真拡大

 AV女優のANRIこと坂口杏里容疑者が4月18日、知人で30代のホストから現金3万円を脅し取ろうとした恐喝未遂容疑で、警視庁に逮捕されていたことがわかった。坂口は人気女優だった故・坂口良子さんの長女で、バラエティ番組に出演するなどタレント活動をしていたが、昨年10月、AV女優へ転身。その際に、ホスト通いが原因で多額の借金があると報じられていた。

 警視庁は坂口容疑者の認否を明らかにしていないが、警視庁詰め記者は「被害者のホストは、杏里から借金を申し込まれたので断ったところ、以前ホテル内で撮影したベッド写真をバラまくと脅されたので、呼び出して警察に引き渡したのだとか……」と話している。

 AVデビューに際しては、一部メディアで2,000万円もの出演料が支払われたという報道があったが、その後も続々と新作を発売していることから、少なくない収入があったはずだ。ちょうど逮捕5日前には、ファンの男性たちが参加した企画『本物芸能人と筆下ろししませんか?』なる作品をリリース。15日には大阪で、16日には愛知で、それぞれ新作プロモーションのイベントを行ったばかりだった。

「購入本数に応じて生写真がもらえたり、撮影会に参加できるイベントで、3作品購入の場合は、水着姿を個人撮影できるというもの。ただ、こういうプロモーション活動のギャラは通常、作品への出演料に含まれることが多いので、別途ギャラがもらえることはあまりないです。参加者に聞いたところでは、150名限定とうたっていたのに、そこまで人が集まっていなかったらしいですが……」(AVライター)

 坂口は、芸能界にデビューする前は、熱心なジャニーズファンとして知られ、親にもらった小遣いを、追っかけのためにすべて費やしていたといわれる。金への執着は強いようで、筆者がタレント時代の坂口とバラエティ番組で共演した際には、タレント活動をしながら喫茶店でアルバイトをしていることも明かし、「事務所の給料が本当に安いんです」と真顔で愚痴っていた。その後、ホスト通いが発覚。「親の遺産まで、すべてホストで使い果たした」「一番人気のホストを独占しようと、借金してまで通い詰めていた」というウワサが聞こえていた中でのAV転身だった。

 元ホストの芸能記者は「バカみたいに金を使ってくれるから、店側も無制限に散財させていたらしい」と話していたが、その罠に落ちた結果、親しいホストに金を借りるまでになってしまったのだろうか?

 さらに「3万円なら、ホストじゃなく元カレの小峠(英二=バイきんぐ)に借りればよかったのに」なんてジョークも聞かれたが、坂口が知人タレントに借金を申し込みすぎたせいで、誰も電話に出なくなっていたというウワサもある。

「エキセントリックな言動から、薬物をやっているのではないかとの疑いもありましたけど、逮捕されたら、それがシロかクロかわかるのでは?」と前出記者。無責任な話が飛び交う中、坂口本人の胸中はいかに……。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)