Appleは、4月22日のアースデイを前に、環境に関する取り組みをアニメーションで紹介する動画の日本語版を公開しました。

日本語版「アースデイ」動画、一挙4本公開!

Appleが英語版の「アースデイ」の動画を公開して数時間後、日本語版の動画4本が公開されました。セリフ、字幕すべて日本語化されています。
 

「ヤクを育てるソーラーファーム?」は、Appleの太陽光発電が、電力だけではなく草を育て、動物のヤクのエサとして役立っていることを紹介しています。
 

 

「Appleは廃棄物をゼロにできるか?」は、iPhoneの製造に必要なパーツの梱包類をリサイクルし、製造工程でのゴミをなくす取組みを紹介しています。
 

 

「ビルは呼吸ができる?」は、Appleの新社屋Apple Parkの、エネルギー消費量を抑えた空調システムを紹介しています。
 

 
「なぜAppleは自ら汗を開発したのか?」は、Appleが製品の安全性をテストするために、自社で人工の汗を開発・製造していることを紹介しています。
 

 
 
Source:YouTube
(hato)