付き合っている彼氏から、何となく別れの雰囲気を感じ取ってしまうことってありますよね。そんな時に「大好きな彼氏と別れたくない!」そんな一心で、ついついすがりついてしまう女性も多いはず。
でもこれは、男性の心を引き戻すためにはあまり有効ではない行動だと言えます。それでは彼氏から別れを感じ取った時、どうしたら彼の気持ちを取り戻せるのでしょうか?


それはズバリ、「別れる覚悟」を持つもつ。別れたくない時こそ、別れる覚悟が必要な理由を解説します。

彼氏からの「別れよう」におびえていない?


彼氏から不意に告げられる「別れよう」の言葉。伝えられる少し前からそんな予感を感じ取っていた女性にとって、彼氏からのその言葉は恐怖の宣告にも感じられますよね。
「いつ別れようと言われるんだろう」と彼氏の顔色をうかがって、びくびくしてしまう女性もいると思います。そして遂に別れの言葉を告げられ、「別れたくない」と彼氏にすがる。これは彼氏の気持ちをさらに突き放してしまうNG行動なのです。

男にすがる女性に魅力は感じない


「別れよう」と言って「別れたくない」と自分にすがる女性に、魅力を感じる男性はあまりいません。中には自分への気持ちを確かめたいがために「別れよう」と言ってしまう男性もいますが、本気で別れたいと思っている時にすがられても、恋愛感情が戻ってくることはほぼないと言えるでしょう。自分にすがって「別れたくない」と涙する女性は、彼氏がいなければ生きていけない芯のない女性に見えてしまい、魅力が半減してしまうのです。

復縁できても、ラブラブな関係に戻れない!?


「別れよう」と言われてしまった彼氏にすがることで、「それじゃあ、もう一度やり直そう」と言われたとして、そこから以前のようにラブラブな2人に戻ることができるでしょうか?

彼氏の中に“無理している”気持ちがあるのであれば無理
「泣いてすがられたから、仕方なく付き合っている」と思っている彼氏と、以前のようにラブラブな関係を築くのは無理に等しいと言えるでしょう。お互いが対等ではない恋愛関係は、結局どちらかを傷つけてる結果に終わってしまいます。

すがって復縁を迫ることは、彼氏の気持ちを縛ること



泣いて「別れたくない」とすがることで復縁できたとしても、それはすでに対等に付き合っている関係だとは言えません。彼氏の気持ちを、同情心で縛っているだけになっています。

大好きな彼氏の本心を見ないふりはできない
同情で付き合っているという気持ちは、彼氏の言動に現れます。あなたが彼氏のことを好きであればある程、その言動に振り回され、傷つき続ける結果が待っているのです。

彼氏にとって必要のない自分を切り捨てる勇気を持とう


もしも自分が「彼氏にとって必要のない自分」になったと気付いたら、その時にはそんな自分を即座に切り捨てましょう。彼氏から別れようと言われた時点で、彼氏にとってあなたは一緒に居る必要のない相手になってしまったのです。
そんな時には、いさぎよく「彼氏を好きな自分」と「彼氏との関係」を切り捨てること。これこそが、最後まで魅力的な女性でいられる秘訣だと言えるでしょう。

別れを決意している女性の方が破局率は低い
彼氏と付き合い始めた時から「必要なくなったら別れる」という覚悟ができている女性の方が、彼氏から「別れよう」と言われる確率は低くなります。なぜなら、自分をきちんと持っていて、男性にすがらない女性の方が魅力的に見えるから。別れたくないと思っている時こそ、別れる覚悟をしっかり決めておくことが必要になるのです。



男性は女性を追いかけたい生き物です。だからこそ、相手にすがりつくよりも彼のやりたいようにしていいよと言えるような余裕を持つことが大切。自分に一生懸命にすがらない相手だからこそ、追いかけたくなるのが男心なのです。
(Yuzuko)