シーズン真っ盛りの日本女子ゴルフツアー。多彩なタレントが今季も白熱した戦いを見せてくれている。そんななか、いろいろな意味で注目されている9名の日本人プレーヤーに”2017年シーズンの目標”を聞いた――。(photo by Getty Images)


有村智恵(29歳/熊本県)
2016年=シーズン途中に日本ツアー復帰。賞金ランク80位(ファイナルQT17位)
「とにかく優勝したい。1勝もできずにシーズンで何億円も稼ぐよりも、1度の優勝がほしいです。優勝がかかる極限のプレッシャー状態でパットを決めたときの快感をもう一度味わいたい。そして何より、地元中の地元である熊本地震の被災者の方々に勇気を与えたいです」


原江里菜(29歳/愛知県)
2016年=賞金ランク17位。平均ストローク13位(71.7855)
「今季の目標は複数回優勝なんですけど、とりあえず早い段階でひとつ勝っておきたいです。賞金ランキングはベスト10くらい? う〜ん、もう少しがんばりたいですけど、はい」


三ヶ島かな(20歳/福岡県)
2016年=賞金ランク55位(ファイナルQT1位)。平均ストローク46位(72.7423)
「今季の目標も昨季と同様、まずシード権を獲得するということ。ツアー初優勝は……できるときに。あまり欲張っちゃダメだと思いますし、大ジャンプができるほうではないので、コツコツとがんばっていきます」


渡邉彩香(23歳/静岡県)
2016年=賞金ランク12位。平均ストローク20位(72.0016)
「今季の目標はたくさん優勝することです。ぜんぜん具体的に数は決めていないんですけど、1試合でも多く優勝できればいいと思っています。(このオフ、丸山茂樹プロに教わったことは?)今年はアメリカに3週間くらい行っていたので、アプローチからショットまで見てもらいました」


成田美寿々(24歳/千葉県)
2016年=賞金ランク13位。平均ストローク17位(71.9018)
「このオフには、ヘッドスピードを上げての飛距離アップと、パッティングの精度を上げる練習を中心にやってきました。今年の目標は、5勝以上です」


上田桃子(30歳/熊本県)
2016年=賞金ランク35位。平均ストローク18位(71.9678)
「優勝したいですね。調子はちょっとずつよくなってきているので、今年はなんか(優勝を)取りにいくというよりも、その瞬間が来るのを待てればいいな、と思っています。あと、今年はゴルフを楽しみたい。この5年ぐらいは戦いたい気持ちのほうが強かった。純粋に(ゴルフを)楽しめたら……」


鈴木 愛(22歳/徳島県)
2016年=賞金ランク5位(優勝2回)。平均ストローク6位(70.8086)
「(このオフは)アメリカでショットの練習をしてきました。今季の目標は、年間5勝です。(ならば、賞金女王も狙える?)勝つ試合によりますけど……」


金田久美子(27歳/愛知県)
2016年=賞金ランク50位。平均ストローク34位(72.4956)
「昨季は賞金シードギリギリだったんですけど、今季は目標を高く持ってプレーしていきたい。まずは優勝争いをすること。そして、それができるゴルフをしていくことですね」


諸見里しのぶ(30歳/沖縄県)
2016年=ツアー7試合出場、獲得賞金0(ファイナルQT32位)
「体自体は元気です。昨年できなかったことがどんどんできるようになってきているので、もっとこれからがんばっていきたい。スコアを作ることがなかなかできなくて予選落ちが続いていますが、ゴルフ自体はよくなっています。まずは”結果を残す”ということがすごく大事だと思っています」

◆フォトギャラリー◆
目指すゴルフは人それぞれ。日本人女子プロたちに聞く「私の戦い方」>>

■ゴルフ 記事一覧>>