© 2016 Dropbox

オンラインストレージ『Dropbox』を本格的に使い込むのに欠かせないのが、Dropbox Plusです。

Dropbox Plusとは?

これまでDropboxの無料プランでの使い方をご紹介してきましたが、Dropboxには有料のプランも存在します。

有料プランはいくつかありますが、個人での利用を想定しているのがDropbox Plusです。

無料プランとの違いを表にまとめました。料金は月間払いの場合です。


容量が大幅に増えるので、Dropboxが手狭に感じていた人・もっとたくさんのデータを保存したい人にピッタリです。ちなみに、例えば2GBの状態からDropbox Plusにアップグレードしても、Dropboxの容量は合計1TBになります。

さらに公開リンクにパスワードや有効期限を設定できるので、セキュリティも確保できます。ファイルの公開機能を頻繁に使う人にもお勧めです。

Dropbox Plusにアップグレードする方法

Dropboxアプリからアップグレードすれば、アプリ内課金で料金を支払えるので楽です。

Dropboxアプリを開き、画面左下の【最近】をタップ。


© 2016 Dropbox

画面左上の歯車ボタンをタップします。


© 2016 Dropbox

【Dropboxをアップグレード】をタップ。


月間払いにするか、年間払いにするかを選びます。年間払いは月間払い10ヶ月分未満の料金で12ヶ月使えるのでお得です。


© 2016 Dropbox

Apple IDを使って支払うので、パスワードの入力が必要になる場合があります。

無事に手続きが完了すれば、容量が1.0TBになっています。確認しましょう。


© 2016 Dropbox

Dropbox Plusを辞める方法(自動更新を解除する方法)

Dropbox Plusを辞め、無料プラン(Dropbox Basic)に戻すことも可能です。

アプリ内課金でDropbox Plusにアップグレードした場合、辞めるには有効期限の1日前に自動更新を解除する必要があります。

自動更新の管理はApp Storeアプリで行います。


画面左下の【おすすめ】をタップ。


ページを1番下までスクロールし、【Apple ID】をタップします。


【Apple IDを表示】をタップ。


【登録】をタップしましょう。


Dropboxをタップします。


© 2016 Dropbox

【登録をキャンセルする】をタップ。


そのあとで「更新:◯◯年◯月◯日」が「◯◯年◯月◯日に終了予定」に変わっていることを確認しましょう。


© 2016 Dropbox

これで自動更新を解除できました。有効期限まではDropbox Plusユーザーとして使い続けることができます。