東京の港区など一部区で「Amazonフレッシュ」がスタート!

アマゾン ジャパンは21日、同社が運営する総合Webストア「Amazon.co.jp」において有料会員「Amazonプライム」向けに野菜や精肉などの生鮮食品を、最短4時間で配送するサービス「Amazonフレッシュ」( https://amazon.co.jp/fresh/ )を2017年4月21日(金)より提供開始すると発表しています。

配送時間は8時から深夜0時までで、2時間ごとに受取時間帯を指定でき、注文から最短4時間で届けられるとのこと。Amazonプライム会員の年会費(税込3,900円)のほか、月額500円のAmazonフレッシュ利用料がかかり、さらに6,000円未満の注文の場合には配送料税込500円/回が必要。

6,000円以上なら配送料は無料で、当初の配送対象エリアは東京の港区や千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区(一部エリアを除く)となっており、順次拡大予定。「鮮度保証」プログラムが導入され、届いた食品の鮮度が悪かった場合に返金可能。


Amazonフレッシュ画面



はじめにPrime Nowのように郵便番号を入力して対象エリアかどうかを判別

Amazonフレッシュは2007年にアメリカで提供が開始され、2016年7月よりイギリス・ロンドンでもスタートし、今回の日本で3カ国目となります。取扱商品は野菜や果物、鮮魚、精肉、乳製品など1万7000点以上の食料品のほか、キッチン用品やベビー用品、ペット用品といった日用品・雑貨などの合計10万点以上。

通常、スーパーなどで購入できる一般的な食品に加え、人形町・今半の精肉やモンシェールで人気のロールケーキ「堂島ロール」などの27店舗が提供する「専門店グルメ」の商品も販売。さらに契約農園から直接仕入れた採れたての新鮮な野菜やその日の朝に加工した鮮魚などを販売する「新鮮市」も週2回開催されます。


また神奈川県・川崎市の物流拠点「アマゾン川崎FC」に商品のカテゴリーごとに専用棚が設けられ、最適な温度で品質管理を行うほか、鮮度を逃さない専用ボックスも用意しています。また、もし注文した商品の在庫がなかった場合には、無料で代替品が届けられ、再配達は受け付けないということです。

なお、最短1時間で届ける即配サービス「Prime Now」と同様にAmazonフレッシュでもアプリで到着が近づくとプッシュでお知らせしてくれる機能もあります。日本では通常商品の配送において提携するヤマト運輸をはじめとした人手不足が深刻化していますが、Prime Nowと同様に自社配送によって迅速に食品を届けるということです。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Amazon.co.jp 関連記事一覧 - S-MAX
・Amazon.co.jp リリース