博多で3億8000万円強奪、福岡空港で男ら確保も関与は否定

写真拡大

 福岡市中央区天神の、みずほ銀行福岡支店向かいの駐車場で、20日午後0時25分ごろ、東京都足立区の男性会社員(29)が3人組とみられる男に現金3億8400万円を奪われた。福岡県警は同日夜、市内の福岡空港で多額の現金を所持していた韓国人の男らを確保。容疑者の可能性があるとみて事情聴取を始めた。警察庁によると、戦後の現金強奪事件の被害額としては4番目の多さ。

 西鉄福岡駅から百数十メートル、福岡市最大の繁華街に「強盗、強盗!」という叫び声が響き渡った。

 県警によると男性は支店で現金を引き出した後、市道を挟み向かい側にある駐車場へ移動。止めてあった乗用車にバッグを積み込もうとしたところを、いきなり催涙スプレーのようなものを噴きかけられて現金をキャリーバッグごと奪われた。男性は、顔面やのどに軽傷を負った。

 容疑者は3人組とみられ、うち1人は身長約175センチの30〜40歳代でグレーの作業着姿。別の1人は身長170〜175センチで黒色の作業着に白色のタオルを頭に巻いていた。2人ともマスクで顔を隠していたという。もう1人は被害者の車から数台離れて止められたワゴン車の中にいたとみられる。容疑者は駐車場の入り口にあるバーをへし折って一方通行の道路へ出ると、南に向かって逃走した。

 県警は夜になって、現場から約4キロ離れた福岡空港の国際線ターミナルで、多額の現金を所持している韓国人の男らを確保。奪った現金を海外へ持ち出そうとした可能性があるとみて、事情聴取を始めた。捜査関係者によると、男らは現場で目撃された男と特徴が異なり、所持していた現金は被害額とは一致していないが、県警は事件に関わった疑いがあるとみて調べている。男らは関与を否定した。

 被害者の男性は都内の貴金属店に勤務。福岡へは出張で訪れており「引き出した金で、金塊を買い付ける予定だった」と説明した。福岡市では昨年7月、JR博多駅前の路上で、運搬中の約6億円相当の金塊が複数の男に強奪される事件が発生した。犯人はまだ捕まっていない。今回の事件でも「金塊」というキーワードが浮上した。

 犯行の手口は強引だが、周到に準備されていた。男性は銀行側には事前に引き出しの予定を伝えており、県警は容疑者が現金引き出しを事前に把握していたとみて、他にも関わった人物がいる可能性を視野に入れ、捜査している。ジャーナリストの大谷昭宏さんは「現金を引き出す前にどのようなやりとりがあり、当日のその時間、場所で現金が運ばれることをどれだけの人間が知っていたのかを調べる必要があります」と、事件解明に向けて関係者への聞き取りが重要であるとした。