Photo by Akira Yamamoto

写真拡大

日本初の量産EVスーパーカー
「GLM G4」を発表

「和製テスラ」と言われた京都大学発の電気自動車(EV)ベンチャー企業のGLMが日本初の量産EVスーパーカー「GLM G4」を発表した。

 GLMは、京都大学VBL(ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー)のEV開発プロジェクト「京都電気自動車プロジェクト」を母体として2010年4月に設立され、すでにスポーツカータイプのEV「トミーカイラZZ」を京都府舞鶴市の専用ファクトリーで量産化している。今回、発表したのは、これに次ぐEVスーパーカーである。この「G4」を開発した後、2019年から量産化するという。

 G4は、専用開発の高効率・高出力なモーターを車両前後に2機搭載した、四輪駆動のスーパーカーだ。最高出力400KW(540馬力)、最大トルク1000Nmを発揮する。発進から時速100キロまでの到達時間は3.7秒、最高速度は250km/h、航続距離は欧州の標準試験モードのNEDCで400kmを実現する。

 GLMは、このG4の発売を2019年とし、京都の自社研究開発拠点で重要部品の搭載検討を始め、年内には試作車での走行テストを行う。想定価格は、4000万円で日本の他、欧州、香港、中東など海外でも販売する。当初、1000台を販売し、400億円程度の売上を目標としている。

 EVベンチャー企業といえば、起業家イーロン・マスク氏が率いる米国シリコンバレー発のテスラがあまりにも有名だ。最近でもGMやフォードの時価総額を上回ったことで話題となった。EVメーカーとして新興ながら、日本のパナソニックとの合弁による電池工場や自動運転開発に加え、宇宙開発ベンチャーにも乗り出しているのは、周知の通りだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)