2年半ぶりの来日 Netflixオリジナル映画「ウォー・マシーン:戦争は話術だ!」5月26日全世界同時配信

写真拡大

 ブラッド・ピット主演・プロデュースのNetflixオリジナル映画「ウォー・マシーン 戦争は話術だ!」の配信開始にあわせ、ピットが5月下旬にメガホンをとったデビッド・ミショッド監督とともに来日することが決定。プレミアイベントと記者会見を行う予定だ。

 実在の軍人を描いたベストセラーのノンフィクションに着想を得たアクション大作で、架空の将軍グレン・マクマホンの栄光と衰退を通し、原題の戦争の裏側に迫る。ピットの製作会社プランBが共同製作を務め、ティルダ・スウィントンやベン・キングズレーといったオスカー俳優たちが共演する。

 ピットの来日は、「フューリー」のPR以来2年6カ月ぶり11度目。2月の第89回アカデミー賞で作品賞に輝いた「ムーンライト」で製作総指揮を務めるなど、近年はプロデューサーとしても手腕を振るっているピットは、「Netflixでしか実現できないようなエキサイティングな映画をつくることができ、また最先端のコンテンツを使って世界中の視聴者にお届けできる機会に恵まれてとてもうれしいです」とコメントを寄せた。

 プランBは、ピットの出演作「ワールド・ウォーZ」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」だけでなく、オスカー受賞作「それでも夜は明ける」を手がけてきた。一方のNetflixは、挑戦的で良質なオリジナルコンテンツを武器に世界最大級のオンラインストリーミングサービスへと急成長し、5月に開幕する第70回カンヌ国際映画祭では、コンペティション部門に2作品を送り込むことに成功するなど、ハリウッドでの存在感を増している。

 「ウォー・マシーン 戦争は話術だ!」は5月26日から全世界同時オンラインストリーミング開始。