「Divorce/ディボース」より
 - HBO / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 離婚を題材にした米女優サラ・ジェシカ・パーカーの新コメディードラマ「Divorce/ディボース」の第2シーズンに、「アグリー・ベティ」でアマンダを演じたベッキー・ニュートンと、「レスキュー・ミー 〜NYの英雄たち」のスティーヴン・パスクールがキャスティングされた。TV Line が報じた。

 同ドラマは10年以上結婚生活を送ってきたロバート(トーマス・ヘイデン・チャーチ)とフランシス(サラ)に突然訪れた離婚劇を描いたダークコメディー。

 スティーヴンはフランシスの恋愛対象として出演するが、離婚が成立していないため、カジュアルな関係からスタートするよう。一方、ベッキーが演じるのは不動産エージェントのジャッキー。彼女はロバートと交際をスタートするらしい。

 第2シーズンは10エピソードが予定されており、今年中にスタートするのではないかとみられている。(澤田理沙)