中国・海南省文昌発射場から、宇宙貨物船「天舟1号」を搭載して打ち上げられたロケット「長征7号」(2017年4月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国は20日、同国初の宇宙貨物船「天舟1号(Tianzhou-1)」の打ち上げに成功した。

 運搬ロケット「長征7号(Long March-7)」に載せられた天舟1号は午後7時41分(日本時間同8時41分)、同国南部・海南(Hainan)島にある文昌発射場(Wenchang Space Launch Center )から打ち上げられた。今後、昨年9月に軌道投入された宇宙実験室「天宮2号(Tiangong-2)」とドッキングする予定。

 中国は飛行士が常駐する宇宙ステーションを2022年までに完成させる予定で、国営新華社(Xinhua)通信は、今回の貨物船打ち上げは「極めて重要な一歩」だと伝えている。
【翻訳編集】AFPBB News