ときに行動範囲を狭め、出会いのチャンスさえ逃してしまう「思い込み」。恋活がなかなかうまくいかないのは、もしかするとそんなネガティブな思い込みに原因があるのかもしれません。今回は恋活の成功率を高めるために今すぐ捨てたい思い込みについてまとめてみました。

恋愛はコスパが悪い

コスパばかりを気にしていたらシングル生活から抜け出すのは困難。恋人との交際がスタートすれば当然シングル時代よりもお金がかかるもの。ただし、恋愛が与えてくれる幸せや刺激、情熱はお金で買えるものではありません。恋愛には向上心や野心を高めてくれる効果があるので、案外コスパがいいなんてことも!?

アラフォー、婚歴なしの男性はどこかしら欠陥がある

今や婚歴なしのアラフォー男性は全体の30%といわれています。仕事が忙しくてなかなか出会いのチャンスがない、長期間付き合っていた彼女と別れてしまった……など、シングルである理由は人それぞれ。婚歴がないことをネガティブに捉えてしまうと、せっかくの素敵な出会いが台無しになってしまうことも。

マッチングアプリは危険

ネットでの出会いやマッチングアプリが怪しかったのはもう昔の話。今や若い世代で人気のマッチングアプリは使いこなさなきゃ損! もちろん詐欺やサクラなどの危険を回避するためには、健全なマッチングアプリを選ぶことは欠かせませんが、頭ごなしにマッチングアプリを否定することで素敵な出会いを逃しているかも!?
ただし、ワンナイトラブを求めてマッチングアプリを利用している男性がいるのも事実。マッチングアプリを活用するためには、初デートでは慎重に相手を見極める力が必要となりそうです。

恋人がいないと肩身が狭い

恋人がいないと肩身が狭い……そんなネガティブな理由で恋活をするのはNG。恋愛を休憩したい時期やシングルでいることが楽しい時期もあります。そんなときは、自分の気持ちに素直になって、今ある環境を楽しむべき。「恋愛をしたい」「素敵な人を見つけたい」など恋愛に対してポジティブな気持ちになれたときに恋活を再開すれば成功率はぐんとアップ。まずは自分の気持ちに素直になることが大切です。

バツイチ男性は女癖が悪い

3組に1組は離婚しているといわれるほど離婚率の高い現代社会。女性の経済的自立や結婚に対する考え方の変化など、現代社会で離婚率が増加する背景には多くの原因が考えられます。結婚相手との相性が合わず離婚を選ぶこともあるかもしれません。
バツイチ男性はなにかしら問題がある……という思い込みは素敵なチャンスをみすみす逃すようなもの。あまりにバツが多いと、ちょっと引いてしまうこともあるかもしれませんが、バツイチを許容範囲にしておくと恋活中の選択肢がぐんと広がります。