写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アスクは4月20日、Sapphire Technology製グラフィックスカードの新モデルとして、Radeon RX 550を搭載した「PULSE RADEON RX 550 4G GDDR5」と「PULSE RADEON RX 550 2G GDDR5」を発売した。店頭予想価格は「PULSE RADEON RX 550 4G GDDR5」が税別12,800円、「PULSE RADEON RX 550 2G GDDR5」が税別10,800円。

コストパフォーマンスを重視した「PULSE」シリーズの製品で、「PULSE RADEON RX 550 4G GDDR5」は4GB、「PULSE RADEON RX 550 2G GDDR5」は2GBの具らふぃクスメモリを搭載する。

全長約158mmのショート基板を採用するほか、補助電源が不要で、搭載スペースが限られた小型PCやホームシアターPCなどへの取り付けに好適という。92mm径のシングルファンを搭載。ファンの回転を徐々に減速し、アイドル時にファン停止させることで、低負荷時の騒音を低減する「Intelligent Fan Control 3」機能をサポートする。

「PULSE RADEON RX 550 4G GDDR5」の主な仕様は、コアクロックが最大1,206MHz、メモリは128bit接続の4GB GDDR5、メモリスピードは7,000MHz、PCとの接続インタフェースはPCI Express 3.0 x16。出力インタフェースはDVI-D×1、HDMI×1、DisplayPort×1。一方「PULSE RADEON RX 550 2G GDDR5」は、グラフィックスメモリの容量が2GBとなる。