写真提供:マイナビニュース

写真拡大

CFD販売は4月20日、GIGABYTE製グラフィックスカードの新モデルとして、AMDのエントリー向けGPU「Radeon RX 550」を搭載した「GV-RX550GAMING OC-2GD」と「GV-RX550D5-2GD」を発売した。店頭予想価格は「GV-RX550GAMING OC-2GD」が税別14,000円前後、「GV-RX550D5-2GD」が税別13,000円前後。

「Radeon RX 550」は、AMDのデスクトップ向けエントリーGPU。新設計のコアを採用。8基のCompute Unitsと2GB GDDR5メモリを搭載し、eSportsタイトルやクリエイティブ系のソフトウェアなどでの利用を想定する。

「GV-RX550GAMING OC-2GD」は、独自クーラー「WINDFORCE 2X」を搭載したオーバークロックモデル。主な仕様は、ベースクロックが1,206MHz、ブーストクロックが1,219MHz、メモリは128bit接続の2GB GDDR5、メモリスピードは7,000MHz、PCとの接続インタフェースはPCI Express 3.0 x16。出力インタフェースはDVI-D×1、HDMI×1、DisplayPort×1。

一方の「GV-RX550D5-2GD」はシングルファン搭載クーラーを採用する。主な仕様は、ベースクロックが1,183MHz、ブーストクロックが1,195MHz、メモリは128bit接続の2GB GDDR5、メモリスピードは7,000MHz、PCとの接続インタフェースはPCI Express 3.0 x16。出力インタフェースはDVI-D×1、HDMI×1、DisplayPort×1。