オ・ユナ、悪女役への思いを明かす「綺麗でセクシーな女優しかできないと…」

写真拡大

女優オ・ユナが悪女役を演じるプライドをアピールした。

19日、韓国で放送されたMBC「黄金漁場−ラジオスター」にはオ・ユナとキム・ジョンテがゲストとして出演した。

「オー・マイ・クムビ」に続き「師任堂(サイムダン)、色の日記」でも存在感満点の悪女として活躍しているオ・ユナが人並み外れた覚悟を伝えた。

オ・ユナは「放送前、怖くなる時はマインドコントロールをする。綺麗で、セクシーで目立つ女優しかできないのが悪役演技だと」と伝えた。

もう一人の悪役キム・ジョンテはどうだろうか。キム・ジョンテは「僕の場合、親戚にも酷いんじゃないかと言われるほどだ」と付け加え、笑いを誘った。