フランスの抗てんかん薬 新生児最大4100人の先天性異常の原因に

ざっくり言うと

  • フランスの抗てんかん薬が、先天性異常の原因となっていたことが分かった
  • 1967年から同国で市販されている「バルプロエート」という抗てんかん薬
  • 新生児2150〜4100人の先天性異常の原因となっていたと、予備調査で判明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング