人の目にも自分の目にも触れる機会は少ないですが、シャンプーの時にニキビがあると気になってしまうものです。頭皮ニキビができてしまった人がやってはいけないことには、どのようなものがあるのかを調べてみました。

頭皮の過剰な洗浄は逆効果

皮脂が過剰に分泌することでニキビができやすくなってしまうので、余分な皮脂はきれいに洗い流すのが基本です。

頭皮ニキビも考え方的は同じですが、だからといって1日に何度も頭皮を洗うのは、必要な皮脂も流してしまうことになるので良くありません。過剰な洗浄は、かえって皮脂の過剰分泌をうながしてしまうので、頭皮ニキビが改善するどころか悪化してしまう可能性もあるのでほどほどにすることが大切です。

洗浄力の強いシャンプーの使用はやめましょう

シャンプーは、様々なものが販売されています。その中でも、洗浄力の強いシャンプーは必要な皮脂までも落としてしまうので頭皮の健康を考えるとあまり良くありません。

地肌に優しいシャンプーを使用すると、頭皮の皮脂分泌がスムーズに行われ、頭皮環境が良い状態に。お肌のターンオーバーが正常となることで、頭皮ニキビができにくくなります。

頭皮にやさしいケアが一番

頭皮ニキビができた人がやってはいけないことは、とてもシンプルです。様々な部位のニキビケアと同様に、お肌に優しいケアを心がけるようにしましょう。

それと同時に、ニキビのできづらい日常生活を心がけることです。睡眠不足や偏った食生活、過剰なストレスは、頭皮ニキビに限らずニキビの大敵なので、ニキビ対策として覚えておくと良いですね。

Photo by fotolia