女性の心はデリケートなもの。男性からすると何気ない一言でも、ショックで引きずってしまうこともあるでしょう。なかには、その場は笑顔で切り抜けても、家に帰ってひとりでこっそり泣いている……という女性も。
そこで今回は「男性から言われるとヘコむワード」について、女性陣にリサーチしてみました。

1. 「カッコいいですね!」

同性からだと嬉しいこの言葉も、男性から言われると「恋愛対象外って思われているのかな……?」とヘコんでしまうみたい。

「合コンでちょっといいかもと思っていた男性から、『○○さんってなんかカッコいいですね! 俺負けちゃうかも!(笑)』と言われた。女として見られていないんだと思ったらすごいヘコみました」(27歳/営業)

女性からすると、できることなら「かわいいね」「キレイだね」と褒められたいものなんですよね……。でも男性も悪気があって言っているわけじゃないので、ここは「ありがとうございます」と流すしかないのかも……。

2. 「なんでも1人でできそうですね!」

「それって一生独り身に見えるってこと!?」となんだかヘコんでしまいますよね。

「気になっていた彼に『○○さんって1人で焼肉とか余裕そうッスよね! もしかしてディズニーとかも1人で行けちゃう派ですか?』と言われた。私どれだけ強くて寂しい女に見えてるの……」(30歳/広告)

ここは「そうかな〜? でも意外と1人でご飯とか行けないんだよね!」「今度一緒に連れて行ってよ」と話を切り返すのが◎。もしかしたら彼とデートできるかもしれませんよ。

3. 「気合入ってますね〜!(笑)」

最近では“ほどよいヌケ感が大事!”と言われていますよね。それなのに「気合が入っている」なんてツッコまれたら「バカにされている!?」「私もしかして空回ってる!?」といろいろ気になってしまうでしょう。

「学生時代の友人男女数人と旅行に行くことになった。心配性の私はあれこれ準備をしすぎて、バッグがパンパンに……。そしたら男友だちが『ずいぶん気合入ってるね〜(笑)』と一言……。それからなんだか恥ずかしくなっちゃって、旅行に集中できませんでした」(28歳/経理)

もうこのさい「私いつも気合十分だから!(笑)」と開き直るしかないかも!? 案外その元気のよさが、男性から支持されている場合もありますもんね。

どれも日常生活でよく聞かれるようなものばかり。あまり深く考えずに「私ってまわりからはそう見えているんだ〜」と軽く捉えることが大切かも。そして男性陣には、できるだけこれらのワードには気をつけてもらいたいものですね。