ダウンタウン・松本人志

写真拡大

19日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、ダウンタウンの松本人志が、アンジャッシュ児嶋一哉の食材に対する無知ぶりに驚愕した。

番組ではプレゼンターとして博多大吉が登場して「アンジャッシュ 食への興味の対比 エグイ説」を提唱した。大吉によると、食通として有名な渡部建とは対照的に、児嶋はまったく食に興味がないのだという。

このことは芸人仲間では有名だそうで、司会のダウンタウン・浜田雅功も「肉分からへんもんな」と肉の区別がつかないことに触れる。大吉が児嶋は牛肉、豚肉、鶏肉の区別がつかないのだと説明すると、松本は「目を瞑って食べたら、分からないってことですか?」と確認。大吉の「目を瞑らなくても分からない」との答えに、ほかの出演者が大ウケする中、松本は「えーーー!?」と驚愕した。

そしてVTRでは、児嶋が食材を食べ比べて、その様子を別の場所で見る渡部は、児嶋が正解するかどうかを予想した。

児嶋は「キャベツかレタスか」の問題では「食べていいんですよね?この状態(見ただけ)では分かんないわ」と漏らし、試食しても「難問」とコメント。頭をかかえながらなんとか正解するも、その後も終始、渋い表情を浮かべながら出題に答えていった。

そして最終問題では、にんにくと生姜であることは伏せたまま、どちらがにんにくでどちらが生姜かを答えた。しかし、児嶋はにんにくを生姜、すりおろした生姜をマスタードと答えて不正解になってしまう。VTRを見ていた浜田は「コイツ凄いな、マスタード…」と唖然。そして「児嶋は選択肢がなければ何も分からない」という検証結果になった。

VTR後のスタジオでは松本が「ちょっと辛めのハヤシライスぐらい食べさせたら、たぶんカレーライスって言うと思う」と児嶋のバカ舌具合をイジり、笑いを誘っていた。

【関連記事】
渡部建の飛び抜けたモテぶり バナナマン・設楽統が明かす
渡部建が結婚発表後初の生出演 南原清隆ら共演者にいじり倒される
アンジャッシュ・児嶋一哉が本気で考えた解散「やっている方がおかしい」