3打差4位タイと好発進の岩田寛だが、口数は少なく…(撮影:村上航)

写真拡大

<パナソニックオープン 初日◇20日◇千葉カントリークラブ 梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>
昨季米ツアーでのシード権を確保できず、今季は初戦から国内男子ツアーに参戦している岩田寛。米国でも苦しんでいたが、アジアで行われた2試合でも予選落ちと苦戦。先週の国内開幕戦では44位タイと4日間戦い抜き、迎えたこの試合では4位タイと好スタートを切った。
稲村亜美がゴルフをお勉強!男子ツアー1の“神スイング”は誰?
スコアは4アンダーと良かったものの、内容に関しては「良くないです」と納得がいかないと話していた。主にしっくりこないのは「ショットですね」。今季初の上位スタートだが自信につながることは「ないです」と話した。
明日以降のことは「明日考えます」など、独特の“岩田ワールド”は健在。世界を目指す志の高い選手、再び米国で戦うためにも母国でもう一度ゴルフを立て直したいところ。今年の目標も「特にないです」とのことだが、4日間上位で戦えばきっと明るい兆しも見えることだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【山下美穂子レポートinハワイ】
岩田寛が語った本音 松山と共に輝いたジャパニーズ・ウィーク【舩越園子コラム】
シード復権に挑む岩田寛、悩みの種は「結婚ですかね」
【国内開幕特別企画】稲村亜美が聞く!男子ゴルフ#3 魅せるゴルフを演出する必要性