いよいよくるか、拡張現実が!

Facebookのデベロッパーカンファレンス「F8」が、アメリカのカリフォルニア州サンノゼで4月18日・19日に開催。毎年F8では、Facebookが考えるインターネットの未来が語られます。

初日のCEOマーク・ザッカーバーグ氏による基調講演では、写真や動画にデジタルイメージを重ね合わせる新しいARプラットフォーム「Camera Effects Platform」を発表し、このプラットフォームを開発者に公開することを明らかにしました。ザッカーバーグ氏は「初のメインストリームとなるARプラットフォームにする」と強調し、講演で以下のように説明しています。


今日からクローズドベータで新しいARプラットフォームを公開します。これにより、世界中の開発者がカメラ用の独自のフィルターを開発することが可能になります。カメラをスワイプすることで、顔にマスクや、アートフレーム、スタイルトランスファーといったエフェクトをかけることができ、選んだフィルターに対して、さらに何千ものオプションがあります。
F8 2017 Keynoteから要約


このフィルターは、Facebookが所有するInstagram、Messenger、WhatsAppといったプロパティでも使用可能になる予定です。

カメラ用のARプラットフォームを公開するという今回の方向性は、これまでオリジナルのコンテンツとしてのテキストや写真に依存していたFacebookにとって非常に大きな変化をもたらす可能性があります。また、Facebookで近況を共有しなくなってきた人たちに対して、魅力的に訴えることができるかもしれません。

そこで、Facebookが示したAR(拡張現実)の方向性について、5つのポイントでまとめました。


1)ユーザーが「何を見ている」かを自動で分析


20170419_f803.jpg


Facebookはすでに高度なオブジェクト認識ソフトウェアを持っていますが、その機能のいくつかをデベロッパー向けにオープンにしています。

たとえばマグカップの写真を撮影すると、Facebookはその特定のオブジェクトの検出し、その画像情報に基づいてデジタル画像やエフェクトを与えることができます。マグカップを検出すると「コーヒーで始まる1日の始まり」みたいなエフェクトをかけることができるという感じ。

Facebookはユーザーの個人的な生活(良く訪れる場所や、読んだニュースや、好きな物事など)に関する情報を分析できますが、さらにカメラアプリを使うことで、コーラ缶や机の上に置いてあるものなど、その「ユーザーが見ているもの」まで検出できるようになりますよね。最終的には、より個々人をターゲットにした広告配信のための情報になるかもしれません。可能性は無限大ですが、不気味でもあります。


2)ほぼすべてのものに、付箋メモを残すことができるように


20170419_f804.jpg


Facebookの新しいプラットフォームの主な目的のひとつは、デベロッパーが「インフォメーションカード」を現実世界に重ねることができるようにすることです。これは付箋メモを残すような機能。

たとえば、ローマのコロッセウムを訪問したときにスマートフォンをかざすと、その建造物の歴史と構造について学ぶことができるといった使い道があります。ただそれ以外に実際に有益な使い道は他にあるのかというと、なかなか思い浮かばないのがARの難しいところ。基本的には、友達が(そして他人も)後で見ることができる付箋メモを、ほぼすべての現実世界に残すことができるようになるでしょう。


3)位置情報と連携した拡張現実


20170419_f802.jpg


1でも述べたように、Facebookの新しいカメラエフェクトはカメラからピックアップされた画像情報を分析することが可能です。またさらに、正確な位置情報も利用できるので、開発者はこれらを活かしたツールの開発が可能に。

たとえばレストランでメニューにカメラをかざすと、どのメニューが美味しいのか美味しくないのかといった、友だちが残したコメントを2のインフォメーションカードで表示できたりします。基本的にはSnapchatのジオフィルターに似ていますが、後から友達が発見できるデジタルオブジェクトを残すことができます。


4)デジタルオブジェクトを何にでも重ねることができる


20170419_f805.jpg


ここまでも何回か登場したように、このプラットフォームのポイントは、現実世界にデジタルオブジェクトを追加できるようになることです。ザッカーバーグ氏はポケモンGOを例に出していましたが、それより洗練されたものになると述べました。

Facebookのプラットフォームを通して、デベロッパーに現実世界にほぼすべてのものを追加できるようになるのは、自宅から少し離れた場所でピカチュウを見つけることより、洗練された体験になるでしょう。

どんなツールがデベロッパーによって開発されるのか、楽しみです。


5)そしてARのメインストリームを目指すのは険しき道


20170419_f806.jpg


ザッカーバーグ氏でさえ、この道は時間がかかるだろうと認めました。基調講演では、「開発にはしばらく時間がかかるだろう。一晩で体験が劇的に変わることはないだろう。スマートフォンの使い方を劇的に変えることができる重要なテクノロジーだと考えているし、最終的にはすべてのテクノロジーをも変革させるはずだ」と語っています。

またFacebookはこのトレンドをいち早くキャッチした最初の企業というわけではありません。Snapchatがこのアイデアを広めた第一人者であり、Facebookはそれを真似していると嘲笑する意見も少なくありません。

しかしザッカーバーグ氏は、「我々がすべてのアプリケーションに、カメラのプラットフォームを取り入れるのが少し遅かったとしても、我々はこのテクノロジーを前進させると確信している」と、このアイデアを取り入れるのが遅かったと認めつつも、ARが次世代のテクノロジーであることに確信しているようです。

・Oculusを使ったソーシャルVR「Facebook Spaces」ベータ版が公開

image: Facebook for Developers / Facebook
source: Facebook for Developers / Facebook

Michael Nunez - Gizmodo US[原文]
(mayumine)