19日、タイ・バンコクで屋台が全面禁止となるが、旅行業界関係者からは懸念の声が上がっている。写真はバンコクの露店。

写真拡大

2017年4月19日、環球網によると、タイ・バンコクで屋台が全面禁止となるが、旅行業界関係者からは懸念の声が上がっている。

バンコク市政府は18日、年末までに主要道路での屋台営業を禁止すると発表した。屋台には秩序と衛生の面で問題があると市政府関係者は発言し、歩行者に歩道を変えるのが目的だとコメントしている。マーケットの中で屋台営業ができる場所が確保されているとして、事業者への影響は少ないと主張している。

一方で旅行業界関係者からは懸念する声が上がっている。「屋台禁止はバンコクの文化を禁止するようなも」とある旅行業界関係者は指摘している。屋台での食べ歩きは旅行者にとっても楽しみだっただけに、観光への悪影響も懸念される。(翻訳・編集/増田聡太郎)