ボーズは、360度どこから聴いても高品位なサウンドを楽しめるBluetoothスピーカー「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」と「SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」の2機種を4月28日に発売します。実売価格は、SoundLink Revolveが2万5000円、SoundLink Revolve+が3万5000円(いずれも税別)。カラーは、どちらもトリプルブラックとラックスグレーの2色をラインナップしています。

 

↑SoundLink Revolve+(各色左)とSoundLink Revolve(各色右)

 

SoundLink Revolveは、一体成型による円筒形のアルミ製エンクロージャーを備えたBluetoothスピーカー。従来のSoundLinkシリーズとは異なり、前後のないデザインを採用しているため、本体をリスナーの方へ向ける必要がありません。本体をどこに置いても、部屋中どの位置に移動しても、クリアなサウンドを楽しむことができます。

 

本体は、2基のパッシブラジエーターを向かい合わせに配置した「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」と、下向きにセットされた超高効率トランスデューサー(振動板を含むユニット)、そしてそこから出た音を受けて拡散する新開発の音響デフレクター(偏向板)から構成されています。さらに、エンクロージャー内の空気圧をコントロールして歪みを除去する構造体「圧力弁」も搭載。これらによって、これまでの全方位型スピーカーの課題であったスイートスポットの発生や特定周波数の落ち込みを解決し、深く豊かな低音と全方向に均一に広がるサウンドを実現しています。

↑構造イメージ

 

また、本体はIPX4準拠の防滴仕様となっており、水滴や雨、水しぶきなどに耐えることが可能。擦ったり落としたりぶつけたりしてもキズや凹みがつきにくい堅牢性も備えています。

↑防滴仕様なので水しぶきがかかる場所でも仕様可能

 

SoundLink RevolveとSoundLink Revolve+の主な違いは、本体の大きさと持ち手の有無、バッテリー性能の3点。コンパクトで持ち運びが容易なSoundLink Revolveに対し、よりパワフルでサイズがひと回り大きなSoundLink Revolve+といった位置付けになっています。バッテリー駆動時間は、SoundLink Revlolveが最大12時間、SoundLink Revlolve+が最大16時間。サイズ/質量は、SoundLink RevolveがH152×D82mm/670g、SoundLink Revolve+がH184×D105mm/910g。

↑SoundLink Revolve+は持ち手が付いています

 

両モデルとも、NFCによるペアリングに対応し、スマートフォン接続時のハンズフリー通話や、音声認識機能Siriの起動も可能。また、専用アプリ「Bose Connect app」(無料)を使えば、2台でL/Rの音声を再生する「ステレオモード」や、離れた場所に置いた2台で同じ音声を再生する「パーティモード」が利用できます。

↑本体上部に操作ボタンを搭載

 

スピーカーの設置場所や聴く位置の制限を解き放つ、自由なリスニングスタイルが特徴のSoundLink Revolveシリーズ。新たな音楽の楽しみ方が広がりそうな新世代のワイヤレススピーカーです。