「あの頃」の雑誌たち

写真拡大

「ヴィジュアル系」というジャンルが誕生しブームを巻き起こした90年代に比べて、あまり振り返られることが少ない「ゼロ年代」のヴィジュアル系。

【V系世代ギャップ】昔と今の“バンギャル界”はどう違う? 平成生まれ&昭和生まれ座談会!

世間的にはブームが去り一時は「冬の時代」と呼ばれてはいたものの(それでもCD売上は今よりずっと高いんですけどね)、インディーズシーンではNIGHTMAREや大日本異端芸者ガゼット(現・the GazettE)、メリー、シドetc……といった90年代のバンドたちに影響を受けた新世代のバンドたちが台頭していきました。

その楽曲もメタル系から歌謡曲風のもの、テクノポップまで幅広く、バラエティに富んだサウンドでファンを楽しませてくれました。

「密室系(レーベル「密室ノイローゼ」出身、あるいはそのバンドに影響を受けたバンド)」や「オサレ系(従来のヴィジュアル系とは違い、ポップな原宿系ファッションに身を包み、ミクスチャーロック寄りのサウンドのバンド。「おしゃれ」ではなくネットスラングの「オサレ」なのは当時のネットコミュニティによって名付けられたため)」、「白塗り系」、といったサブジャンルも発生し、細分化していきました。

また、インターネットの発達により海外ファンの声も日本に届くようになり、メジャーのみならずインディーズバンドでも海外公演を行うことが増えたのもゼロ年代以降からだと記憶しています。

ゼロ年代中盤になると「ネオ・ヴィジュアル系」と呼ばれ、海外評価も相まってメディアから再び注目を浴びることも増えました。

07年頃からD'ERLANGER、X JAPANやLUNA SEA、などの大物バンドがつぎつぎと復活を遂げました。そしてゼロ年代末にはエアーバンド、ゴールデンボンバーの大ブレイクもシーンに衝撃を与えました。

このように大まかなトピックをあげただけでも色々なことがあり、ひとくくりにできない時代だということがわかります。

参考までにちょっと個人的に好きな作品の一部を挙げますと、MUCCの『痛絶』が01年、deadman『no alternative』が03年、シド『憐哀』が04年、彩冷える『鉄の島』が05年、アリス九號.(現A9)『絶景色』が06年、lynch.の『THE BURIED』が07年、DELUHI『Yggdalive』、ViViD『Take-off』、ゴールデンボンバーの『女々しくて(最初のリリース盤)』が09年……、うわ〜書いててクラクラしてきました。

ファッションも、世界的に広まった「ゴシックロリータ」「デコラ」からV系+ホストファッションの「Vホス系」まで、さまざまな系統がありました。

そんな楽しくカオスだったあの時代を、当時を駆け抜けたバンギャルさんと共に振り返ってみました!

座談会参加者

・みるく
小学生でBUCK-TICKにハマり、中学で出会ったPenicillinを追いかけ回す日々の中でインディーズバンドに出会う。目下インディーズ発掘に走るようになってからは毎週のようにどこかしらのライブハウスに出没。
当時の好きなバンドはRenterer en Soi、Ruvie、ファンタスマゴリア、ヴィドールなど。「お腹いっぱい」と言いながらバンギャルから抜け出せずにいる。

・キリ
中学生でPierrotをきっかけにバンギャルに。TV番組「SPARK!」でインディーズバンドと出会いどっぷりハマっていく。
当時好きだったバンドはLa’cryma Christi、deadman、Sugar Tripなど。近年追いかけていたバンドが軒並み解散したため野良バンギャル状態。

・チノフ
12才の時ラルクをきっかけにバンギャルに。その後田舎で細々とJannerをやっていたが、大学入学のために上京したのを機に、インディーズバンドにのめり込む。
好きなバンドはメガマソ、Dolly、少女-ロリヰタ-23区など。社会人で最近はなかなかライブに行けないが、現場にいけずとも心はバンギャルがモットー。

それでは座談会スタート!

――本日はゼロ年代のヴィジュアル系&バンギャルカルチャーを語ってみようという試みなのですが……。

キリ:まだあの頃は「デモテープ」だっけ?

みるく:一瞬「デモMD」ってありませんでした? シドやメリーが出してたような…。

チノフ:それに最近はめっきり見なくなったけど「CDエクストラ」ってありませんでした? パソコンに入れると動画が見られるという。最後に見たのはどこだろう…ゴールデンボンバーかな?

キリ:見なくなったね! そもそもパソコンを持ってる子が減ったし、YouTubeがあるから必要ないのかな?

みるく:それにゼロ年代っていっても前半と後半って全然違うよね。(スッと『Cure』の表紙を出す)

一同:うわ〜〜〜! 懐かし〜〜〜〜!

キリ:そもそも『Cure』が創刊されたときは衝撃だったよね。最初の頃はマイナーなバンドもカラーで載せてたし、びっくりしたの。

みるく:そう、私が好きなRenterer en Soiが最初に載ったフリーペーパーじゃない雑誌は「Cure」だったと思う。だから「ありがとうございます」って思った。

キリ:「SHOXX」では白黒だったけど、カラーで載ってるのは「Cure」くらいっていうバンドは当時多かったですよね。だから邪険にはできない雑誌ではあったんだけど。

みるく:でも「中の人バンギャルだろ〜」って思ってました(笑)。

――この頃の「Cure」というと、ちょうどこの表紙の大日本異端芸者時代のガゼットなどのPS COMPANY所属のバンドやヴィドールなどのUNDER CODE所属のバンドがたくさん載っていたイメージがあります。

キリ:PS COMPANYといえば、私的にはDue le quartz とかKagrra,とかだな。

「TRIBAL ARIVALL TOUR」だったかなあ、お客さんもバンドのカラーにみんな染まってる感じで、Kagrra,のお客さんは皆和風だったり、夏にライブやろうものならみんな浴衣でめかしてくるし。バンドとお客さんがリンクしてる感じ。今はどのバンドのファンかってバンドT以外だと一見わかりにくいもんね。

チノフ:私はアリス九號.『春夏秋冬』をみて「なんてルックスがいいんだ!」って驚いて。ガゼットも「大日本異端芸者」からだんだんthe GazettEになっていく過程で垢抜けてきてて、Kraもそれまでにないメルヘンな雰囲気で。それでわーっと惹かれていきました。

そうそう、当時は田舎に住んでいたんですけど、『NIL』『STACKED RUBBISH』の時期のガゼは田舎の学生にとって、ラルクやGLAY、ラファエル以来の「ヴィジュアル系の波」だったんです。地元のヤンキーがカラオケでガゼ歌ってるみたいな。田舎まで浸透した久々のバンドっていう気がしました。そのあとにシドの波が来るんですけど。

――たしかにキリさんのおっしゃるように、こういう格好していたらこのバンド、レーベルのファンってわかるような雰囲気、ありましたよね。UNDER CODEに所属しているバンドのファンはジーザスディアマンテを着ている…みたいな。

みるく:そもそもUNDER CODEが拠点としていた関西のバンギャルは派手好きだったんです。それで盛り髪やマンテがしっくりきたんじゃないのかな。

キリ:でもUNDER CODEの前身レーベルのマティーナの頃はみんな結構普通じゃなかった? 地下線になるとみんな派手になっていったような。

みるく:ステージの上は「古き良きコテコテのヴィジュアル系」なのにフロアは姫ギャル・可愛ゴー(可愛いゴージャスの略)っていう。

――服装の話がでてきたところで、今日は「ゴシックロリータ・バイブル」も持ってきたんですよ。

キリ:この号持ってます! 最近休刊が発表されて…。

チノフ:こうやって読んでみると、まだ一般の人にまではカラコンは浸透してない感じですね。バンドマンでもつけている人は少ないかも。

キリ:この頃はデカ目目的のカラコンよりは、硬派な感じのバンドが白コンいれてるイメージ。

みるく:最近は逆にカラコンつけてない人の方が少ないもんね。

キリ:つけまつげもあんまりつけてないね。これもデカ目ギャルブーム以降なのかな。

みるく:なんかバンドマンがサンバイザーとかつけて、ちょっとギャル男っぽいのが増えてきた時期ってあったよね。みんな揃って「ミクスチャーを取り入れてみた」みたいな時期のときに一気に増えた。

――ファンの方もギャルっぽくなっていった時期だったので、そこは連動していたのでしょうか。

キリ:CECIL McBEEやMARSみたいなギャルっぽい服が流行ったよね。「バンギャルのギャル化」って文字にしちゃうとよくわかんないけど(笑)、ヴィジュアル系ファンの子もギャル系を着るようになった。

ギャルの中でもお金持ってそうな子がマンテってイメージ。実際に高いけど。

――「JJ bis」や「小悪魔ageha」とかバンギャルさんも結構読んでましたよね。

キリ:ピンキーガールとラパフェとかもよく見たね〜。そうそう、姫ギャル全盛期の頃って「スジ盛り派」か「かまぼこ派」みたいなのありませんでした?

みるく:私はかまぼこ派でした!

キリ:私もスジ盛りはあんまり好きじゃなくて、きれいに面になるように盛ってました。

みるく:スジ盛りは顔が派手だとお店の女の子みたいになっちゃうし。

キリ:姫っぽく清楚に「清楚とは?」って感じなんだけど(笑)。縦ロール大好きでエクステつけてコロネみたいな縦ロール作ってましたね。

チノフ:私はロリータ系の格好をしていました。あの頃はファッションの系統がお姉系かロリータ系とわかれてましたよね。

みるく:デコラもたくさんいたよね〜。

キリ:デコラに挑戦しようとして、奇抜なジャージを買って、似合わなすぎて諦めたことがあります(苦笑)。

チノフ:ロリパンク、ゴスパンクみたいな子たちもいましたよね。パンク系の子って最近だとほとんど見かけなくなったなあ。

キリ:昔はよくライブのために盛ってたりしたけど、最近はライブにヘアセットして来てる子も減ってません?

チノフ:高さが出ちゃうと後ろの人に迷惑かかりますからね。

みるく:「盛ってるのがあたりまえ!」「高さがステータス!」みたいな時代もありましたけどね。

キリ:最近私が行くようなライブハウスではロリータファッションも見なくなったな〜。ロリータ着てるのは外国人の方が多いくらいかも。

チノフ:ロリータを着ていけるような世界観のバンドが減ったからなのかな。私はイロクイ。やDollyが好きだったんですけど、夢の世界に行くためにロリータを着る、みたいなところがありました。

キリ:私の会社の後輩にもシドにハマってロリータを着るようになった子がいましたよ。

チノフ:ボーカルのマオがロリータファッション好きを公言してますもんね。05年くらいの天嘉(シドの所属するデンジャークルーのイベント)は武道館の半分くらいロリータでしたよ。

キリ:ロリータのなかでもライブ中に暴れて汚れてもOKみたいな人と、そうではない人とハッキリ分かれてたよね。

チノフ:今はきれいになってるけど、昔のAREAの柵で逆ダイするとサビで汚れちゃうってことがありました。

キリ:わかる! そういうときはロリータでも白じゃなくて派手な柄の服を着てましたね(笑)。

チノフ:(笑)。

――さて、近年少女-ロリヰタ-23区やメトロノームなどゼロ年代に活躍したバンドの復活、A9もアリス九號.時代の初期曲限定ライブをしたり、the GazettEも大日本異端芸者コンセプトのライブをするなどなど…。「あの頃」を現在の感覚で表現するライブも開催されてますね。

チノフ:基本的に10年前っていうことがねえ…。つい最近だと思ってたのに(苦笑)。

キリ:でも結構まわりでも現役バンギャルでやってる子多くない? 就職しても結婚しても。子育てになるとちょっと離れちゃうかもだけど…。

チノフ:そもそもヴィジュアル系自体が高齢化してません? インディーズでもアラサーバンドが普通になってる。

みるく:若手かと思ったら知ってるバンドマンだったっていう。

キリ:「この人名前違うけど、昔対バンで見た!」みたいな。ゼロ年代から第一線だった人たちがずっと続けて頑張ってるみたいな。バンドマンもバンギャルもそのまま……(笑)。

みるく:私、VersaillesのHIZAKIさんTERUさんや己龍の九条さん、参輝さんを昔対バンでよく観てたんですけど、そういう人が最近武道館に立つこともあるじゃないですか。そういうのってグッときますよね。続けてるから叶えられる夢もあるんだなって。

――みなさんも末永く現役バンギャル続けてくださいね〜。

いかがでしたか?

話題が尽きないまま座談会は終わりを迎えましたが、バンドの話や当時のホームページの話など、まだまだ語りきれないことがたくさんあります。

読者のみなさんのゼロ年代の思い出も、ぜひ聞かせてください。