ポルトガル中部のキリスト教の聖地ファティマで、「ファティマの奇跡」を祝うセレモニーで運ばれる聖母マリア像(2016年5月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は20日、ポルトガル・ファティマ(Fatima)を来月13日に訪れる際、聖母マリア出現の目撃者とされる2人を列聖すると発表した。

 幼い羊飼いだったジャシンタ・マルト(Jacinta Marto)さんとフランシスコ・マルト(Francisco Marto)さんは1917年、ファティマで聖母マリアの姿を目にしたとされる。以後聖地となったファティマでは毎年聖母出現祭が行われており、2人の列聖は最初の聖母出現から100年を記念して行われる。
【翻訳編集】AFPBB News