「作家脳」になるための2つの方法

写真拡大

素材がぐんぐん集まる「アンテナの立て方」と「集めた情報の価値を高める方法」とは、いったいどんな方法なのでしょうか。本を書く上で欠かせない「作家脳の作り方」を具体的に解説。目からウロコです!

意識した情報に敏感な脳

たとえば、「今日のあなたのラッキーカラーは黄色」と占いで言われると、1日中、黄色いものが目に飛び込んできます。
私は風邪をひいて薬局を探しているとき、町には、こんなにたくさん薬局があったのかと思えるほどたくさんの薬局が目につきました。
つまり、脳が意識した情報に敏感になるわけです。
私は、これを「作家脳」と呼んでいます。

頭の中にアンテナを立てる

「作家脳」になるためには、まずは、頭の中にアンテナを立ててください。
アンテナを立てないと、どんなにいい情報でもあなたの頭の上を素どおりしてしまいます。
アンテナを立てると、本を読んでも、新聞を見ても、人と会って話しても、あなたが書きたいテーマが知らないうちにどんどんキャッチされていきます。
「頭の中のアンテナ」で情報をキャッチしたら、必ず、メモしてください。
メモが、あなたにお金と幸せをもたらします。

だれでも1つ2つはネタを持っている

私は大学を卒業してから、『週刊朝日』の編集部でフリーのライターをしていました。
ほぼ毎週書いていたのは、「デキゴトロジー」という笑える街ネタを集めたコーナーで、すべて実話に基づいて原稿を書いていました。
私は友人・知人に会うたびに、「何か笑えるネタはない?」と聞いて回りました。
笑えるネタは、だれでもひとつや2つは持っています。
自分の失敗談でもいいし、親兄弟の体験談でもいいのです。

「電報配達の伝宝(でんぽう)さん」が記事に

たとえば、私はこんな話を週刊朝日に載せました。
「NTTで伝宝(でんぽう)さんという苗字の人が電報配達をしていた話」
「杉並区に住む吉田さんのうちに4人の子どもが生まれ、名前を上から順に、そうくん、ゆうくん、ことちゃん、かなちゃんと名づけた話」
 続けて読むと「そう、ゆう、こと、かな?」になります。
「おにぎりを作るとき、指をぺろっとなめて、ノリを巻いていたおにぎり屋さんの話」

ネタを集めたメモは貴重な財産

一見、くだらないと思えることも記事として掲載されたのです。
こんな街ネタは、アンテナを立てるだけで、山ほど拾えました。
1ヶ月で、私のメモ帳はぎっしり埋まりました。
メモは私にとって貴重な財産でした。内容が直接、原稿料になったのです。

選んで、組み合わせて、角度を変える

続いて、情報価値を高める方法です。
 ‘の中のアンテナにひっかかったたくさんの情報の中から、何が重要で、何が重要でないかの選択をする方法。(情報の取捨選択)
◆.▲鵐謄覆飽っかかった情報を単体で記事にするのではなく、組み合わせたり、体系化することで、より高い価値を作る方法。(情報の組み合わせ)
 情報はどの角度から見るかで、伝え方も伝わり方もまるで違う。切り口を変える、着眼点を変える方法。(情報の視点)

出版に有利な2つの武器

その後、私は活躍の舞台を週刊誌から書籍に移しますが、戦場の最前線で身につけた「アンテナの立て方」と「情報価値を高める方法」は、本を書くときに他の作家よりだいぶ有利に仕事を進められました。
私が数多くのビジネス書を執筆できたのも、週刊誌時代の下積みがあったからです。
当時、アドバイスしてくれた編集者には今でも感謝しています。

【まとめ】

・頭の中にアンテナを立てると、書きたいテーマがどんどんキャッチされていきます。
・集まった情報(ネタ)は必ずメモしましょう。
・重要な情報を選ぶ・組み合わせる・視点の角度を変えることで情報の価値が高まります。街へ出たり人に会ったりする楽しみが増えそうな気がしませんか? 本を書く意義はあらゆる点で大きいのですね。

★ 参考図書『本を出したい人の教科書』
著者:吉田浩(よしだ・ひろし)