<困窮にあえぐ国民の声に野党つぶしで応じるマドゥロ大統領。大規模な抗議デモも催涙弾と銃弾で圧殺する構え>

ベネズエラの首都カラカスで19日、大規模な反政府デモが起き、治安部隊の弾圧で混乱が広がるなか、政府系民兵がデモ隊と衝突、学生1人が死亡した。
 
「すべての抗議の母」と銘打ったデモにはニコラス・マドゥロ大統領の退陣を求める何十万人もの市民が集結。抗議のうねりは全土に広がり、コロンビアとの国境に近いタチラ州でもデモ参加者の女子学生1人が銃弾を受けて死亡した。

ベネズエラではウゴ・チャベス前大統領時代から続く経済危機で、市民は深刻な物資不足にあえいでいる。政府の腐敗体質と独裁色を強めるマドゥロの政治手法に市民の怒りが噴出。マドゥロは高まる退陣要求を力づくで圧殺する構えだ。

【参考記事】ベネズエラは100%独裁政権になりました

18日のデモに先立ち、中南米の11カ国と米政府が合同で声明を出し、ベネズエラ政府に「平和的な抗議を行う権利」を保障するよう求めたが、マドゥロはこれを無視。治安部隊に弾圧を命じ、政府系民兵に武器を提供した。デモ当日、治安部隊が参加者に催涙ガスを浴びせるなか、民兵とデモ隊が衝突し、17歳の学生が銃撃されて死亡した。

貧困層もマドゥロに反旗

抗議の声が一気に高まったのは3月末。最高裁判所が野党の最後の砦とみられていた議会の機能停止を決定したため、市民が猛反発。これまで与党の支持基盤だった貧困地域にまでマドゥロ退陣を求める声が広がった。

【参考記事】南米の石油大国ベネズエラから国民が大脱走

ベネズエラではカトリック教会が大きな影響力を持ち、バチカンは昨年、政府と野党の対話の仲介を試みた。だが中立の立場での仲介では不十分だと、ベネズエラで抗議活動を行うホセ・パルマル神父は英ガーディアン紙に語った。「かつてヨハネ・パウロ2世がポーランドで(自由を求める闘いを支援)したように、フランシスコ教皇にベネズエラの人々を助けてほしいと訴えている」

マドゥロ政権は事態を鎮静化させるため最高裁の決定をすぐに撤回したが、野党つぶしの強引な手法は変えていない。マドゥロ政権の影響下にあるとされる最高裁は2月、民衆を扇動したとして14年近い禁固刑を科された野党指導者レオポルド・ロペスの上告審で、刑の確定を言い渡した。

さらに今月に入ってマドゥロ政権は、18年の大統領選の有力候補とみられていた野党指導者エンリケ・カプリレスに15年間の政治活動禁止を命じた。マドゥロは、チャベスが主導した「ボリバル革命」を資本主義の侵入から守るという大義名分を掲げて民兵を募り、抗議デモは米政府が仕掛けたクーデターだとして、民兵にデモ隊を襲撃させている。

【参考記事】「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

エミリー・タムキン