新韓金融グループ(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の新韓金融持ち株会社が1〜3月期に、同社設立以来最高の純利益を達成した。

 同社は20日、1〜3月期の当期純利益が前年同期比29.3%増の9971億ウォンを記録したと発表した。前期比では62.9%増。
 金融情報を提供するエフエヌガイドによると、証券会社は新韓金融持ち株会社の1〜3月期純利益を平均6797億ウォンと予想したが、実際は予想を50%近く上回る結果となった。
 業績が大幅に伸びたのは会計基準が変更され、系列会社の新韓カードの貸倒引当金3600億ウォン(約345億円)を戻し入れたため。新韓金融持ち株会社は昨年末に金融監督院から内部格付手法使用の承認を得て、今年から新韓カードの貸倒引当金算出時に適用した。
 系列会社別では、新韓銀行が5346億ウォンで前年同期比7.0%減少した。新韓カードは同170.0%増の4018億ウォン、新韓金融投資は同111.1%増の460億ウォン、新韓生命は同47.6%減の308億ウォン、新韓キャピタルは同621.2%増の186億ウォンだった。
hjc@yna.co.kr