お伊勢さん菓子博2017(第27回全国菓子大博覧会・三重)で味わえる「赤福餅 祝盆」

写真拡大

今年のゴールデンウィークは5連休、さらに5月1日(月)・2日(火)を休むと最長9連休に!期待のテーマパーク「レゴランド(R)・ジャパン」や、2017年4月21日(金)に新エリア「ミニオン・パーク」がオープンする「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)」など話題のスポットに出かけるのもいいが、今しか楽しめないイベントへ足を運んではいかだだろうか。GW期間中は、日本最大級の菓子の祭典「お伊勢さん菓子博2017(第27回全国菓子大博覧会・三重)」や、開園80周年を記念して行われる「体験!仰天!東山! Higashiyama 80th」が開催。「GWに行きたい注目イベント5選」をチェックして、おでかけの予定を立てよう!

【写真を見る】「体験!仰天!東山! Higashiyama 80th」

■ 2017年4月21日(金)〜5月14日(日)「お伊勢さん菓子博2017(第27回全国菓子大博覧会・三重)」

1911年に始まった日本最大級の菓子の祭典が、「お菓子がつなぐ『おもてなし』を世界へ」をテーマに三重県で初開催。和菓子のほか、洋菓子、スナック菓子と全国から自慢の品が幅広く集まる。松阪牛や伊勢うどんなど、三重のご当地グルメも楽しもう。

【会場:三重県営サンアリーナおよびその周辺/電話:0596-63-5830(第27回全国菓子大博覧会・三重・コールセンター)/時間:10:00〜18:00、5月14日(日)は10:00〜17:00/休み:なし/料金:入場券大人2000円ほか】

■ 開催中〜2017年6月4日(日)「体験!仰天!東山! Higashiyama 80th」

1937年の開園から80周年を迎えた今年、動物の多様な姿を体感できる施設が登場した。動物のエピソードが飼育員から聞けるアニマルトークなどの催しや、期間限定の記念グルメもラインナップ。5月3日(祝)〜7(日)は「子どもわくわく縁日」を開催する。

【会場:東山動植物園/電話:052-782-2111/時間:9:00〜16:50(入園9:00〜16:30)、ZOOASIS、ZOOBOGATEは9:00〜16:45/休み:月曜(祝日の場合翌平日、5/1は開園)/料金:入園料高校生以上500円ほか】

■ 2017年4月26日(水)〜5月7日(日)「ベルギービールウィークエンド2017名古屋」

2016年にユネスコ無形文化遺産に登録された「ベルギーのビール文化」。1500種類ほどあるなかで、今年は11タイプ112種類のビールと、ベルギー料理が楽しめる。

【会場:久屋大通公園 久屋広場、エンゼル広場/電話:03-5829-6878(ベルギービールウィークエンド事務局)/時間:16:00〜21:00、4月29日(祝)〜は16:00〜11:00/休み:なし/料金:スターターセット(オリジナルグラス、飲食コイン11枚)3100円】

■ 開催中〜2017年5月28日(日)「ポケモンセンターはるまつり in ラグナシア」

ラグナシアにポケモンが登場!5種類のミニアトラクション、ポケモン☆キッズカーニバル(各300円)や、ピカチュウグリーティング(無料)などを行う。

【会場:ラグーナテンボス ラグナシア/電話:0533-58-2700/時間:10:00〜17:00(時期により異なる)/休み:期間中はなし/料金:入園料中学生以上2150円ほか、イベントは一部有料】

■ 開催中〜2017年5月14日(日)「連載40周年&コミックス200巻記念 こち亀展 〜こちら東区テレピアホール派出所」

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の企画展が名古屋に登場。2016年9月に連載40周年&コミックス200巻到達の記録樹立後、惜しまれつつ連載を終了した国民的マンガの展覧会だ。150点以上の原画のなかには、名古屋会場で初公開される作品もあるぞ!

【会場:テレピアホール/電話:052-954-1161(東海テレビ事業部)/時間:10:00〜18:00(入場10:00〜17:30)/休み:期間中はなし/料金:入場料大人1200円、中学・高校生600円】

「お伊勢さん菓子博2017(第27回全国菓子大博覧会・三重)」なら伊勢神宮への参拝を組み合わせるなど、大型連休を楽しむおでかけプランはさまざま!しっかりと計画を立てて、2017年のGWを満喫しよう!【東海ウォーカー】