写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マイボイスコムは4月19日、「クーポンの利用」に関する調査結果を発表した。調査は3月1日〜5日、同社運営のアンケートサイト「MyVoice」に登録するモニター1万1,476名(男性5,971名、女性5,505名)を対象に、インターネットリサーチで行われた。

クーポンの利用状況について調べた結果、直近1年間のクーポン利用者は全体の65.6%。これに「利用したことはあるが、直近1年間では利用していない」(21.4%)を合わせると、クーポン利用経験者は87.0%であることがわかった。

直近1年間に利用したクーポンのタイプは、「紙に印刷されたもの」が最も多く76.0%。以降「スマートフォンや携帯電話のクーポン画面を見せる・端末にかざす」(56.1%)、「Web画面・アプリ画面を自分で印刷したもの」(33.9%)と続いた。

利用するクーポンの特徴としては、「わずかでも割引されている」(49.3%)、「割引率が高い」(45.0%)、「よく利用する店や商品・サービス」(39.3%)といった特徴が上位に並んだ。

(CHIGAKO)