写真提供:マイナビニュース

写真拡大

前回の「これから始める人のためのニフティクラウド入門(リージョン選択編)」の記事では、リージョン、ゾーンの選択について解説しました。今回の記事ではそれを踏まえて、Windowsサーバーの作成手順を解説します。

この記事の執筆者
宮原徹氏

日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。仮想化技術に関するコンサルタントとして長年活動しており、特にベンチマークテストによる性能評価を得意としている。
○リージョンの選択

前回解説したように、リージョンを選択すると、そのほかのリージョンに移動させることができないので、利用したい機能をサポートしているリージョンを選択する必要があります。今回はWindowsサーバーなので、管理操作はRDPを使って行います。GUIでの操作はレスポンスタイムが重要となるので、ネットワーク測定の結果が良かったeast-2を選択しました。

○付け替えIPアドレスの取得

作成するサーバーを固定IPアドレスで運用したい場合、あらかじめ付け替えIPアドレスを取得しておく方が効率的です。

ダッシュボードで「付け替えIPアドレス」を選択し、「付け替えIPアドレスの追加」ボタンをクリックして取得します。

付け替えIPアドレスは、グローバルとプライベートの2種類があります。ゾーンごとに20個まで取得できます。

○サーバーの作成

リージョンを選択したら、サーバーの作成を行います。

●イメージの選択
Windowsサーバーを作成するために、Windows Server 2012 R2をはじめ、英語版、SQL ServerやOfficeなどが入っているイメージが用意されているので、目的に応じて選択してください。今回は素のWindows Server 2012 R2を選択します。

●サーバータイプの選択
サーバーを作成するゾーンを選択します。今回使用することにしたeast-2リージョンにはeast-21ゾーンしかありませんが、ドロップダウンリストから選択しておきます。

サーバータイプは、vCPUと割り当てメモリの組み合わせで決定します。 Windows Server 2012 R2は最低512MBのメモリでも動作しますが、メモリ容量としてはやや心許ないところです。Windowsサーバーでどのようなことを行いたいかにもよりますが、少なくとも1GBから2GBぐらいは割り当てたいところです。サーバータイプは後から変更することもできます。

今回は、簡単なWebサーバーを動かすだけなので、Type-eファミリーの1vCPU、メモリ1GBを割り当てるe-smallタイプを選択します。

実際に起動後に確認したところ、特に何もサービスを動かしていない状態でも700MB弱消費していました。目安にしてみてください。

○各種サーバー設定

サーバーの名前などを設定します。

Windowsサーバーの場合、初期管理者ユーザーの名前とパスワードを任意に設定できます。6文字以上の英数字で設定します。

ネットワークの設定で、あらかじめ取得しておいた付け替えIPアドレスを割り当てることができます。ここではグローバル側に付け替えIPアドレスを設定しています。

続きは、ニフティクラウド ユーザーブログよりご覧ください。
(別サイトへ移動します)

続きを読む

〜index〜
リージョンの選択
付け替えIPアドレスの取得
サーバーの作成
イメージの選択
サーバータイプの選択
各種サーバー設定
RDPで接続
Windowsクライアントから接続
Windowsサーバーの基本設定
参照DNSの設定
Windows Updateの設定
Webサーバー(IIS)のインストール
役割と機能の追加
接続テスト
○関連記事のご紹介

・これから始める人のためのニフティクラウド入門(Windowsサーバー作成編)
・これから始める人のためのニフティクラウド入門(Linuxサーバー作成編)
・サーバー不要! タイマー+スクリプトで定期処理を自動化

[PR]提供: 富士通クラウドテクノロジーズ