「気持ち」「体の状態」それぞれに当てはまると思う年代をきいたところ、まだまだ働く人も多い50代では7割近くが気持ちも体も「ミドル」と回答

写真拡大

50代と60代の男女300人を対象に「ミドル世代」から「シニア世代」への意識変化を調査したところ、その変化には、2つの世代の間を行きつ戻りつして揺れ動く気持ちや、体の状態が大きくかかわっていることが分かった。

シニア向けの「新感覚の下着」である「アテントスポーツパンツ」を販売している大王製紙が行った「『健康と気持ちの若さ』に関する意識・実態調査」。さまざまな体の変化の中でも「尿漏れ」の症状にショックを受ける人が最も多かったという。調査は2017年3月27日〜29日に、インターネットを通じて行われた。

9割が「体の不調でガクッと老ける」

「気持ち」「体の状態」について、それぞれに当てはまると思う年代をきいたところ、まだまだ働く人も多い50代では7割近くが気持ちも体も「ミドル」と回答(気持ち65%、体68%)。60代では、気持ちの「ミドル」が約半数(47%)と、まだまだ気持ちの上では若い人が多かった。

60代ではその理由を「健康のために、毎日ジョギングをしている。長距離を走れるのでミドルだと思う」(60歳男性)とか「毎日ジムに行って運動して、週1回はゴルフのラウンド」(69歳女性)など、体の健康が心の若さに結びついているようだ。

「シニア」感じる?1位は「尿漏れ」

それでは「気持ち」と「体」の相関関係はどうか。「体が健康だと気持ちの健康も若々しく保てると思いますか?」の問いに95%が「はい」と回答。「体の不調が原因でガクッと気持ちが老けることがあると思う」には、9割近く(85%)が「はい」。若々しい気持ちですごすためには、体の健康が欠かせないとほとんどの人が認識しているようだ。「ミドル」と「シニア」の差は"体の健康さ"だと思うかときくと、63%が「はい」と答えた。

 「ミドル」から「シニア」に気持が変化するような「不調」として、どんなことが意識されているだろうか。「しわ・しみが増える」「老眼になる」など「老化」といえる症状のうち「自分の身に起きたらショックだと思うもの」をきくと、1位は「尿漏れが起きる」(58%)だった。66歳女性は「友達と外出出来なくなり、気持ちも落ち込む。この状態が続けば間違いなく老け込むと思う」と理由を挙げた。

2位は「物忘れが激しくなる」(53%)、3位は「難聴になる」「歯が抜ける」(各45%)だった。