テーププリンタ「こはる MP20」

写真拡大

 キングジムは、女性をターゲットにした新しい文房具ブランド「HITOTOKI(ヒトトキ)」の第一弾として、専用テープに文字や絵文字を印刷して手軽にラベルを作成できるテーププリンタ「こはる MP20」を5月19日に発売する。

 4月18日に開催した発表会でキングジム商品開発部の井上彩子氏は、新製品「こはる MP20」について、「専用テープのラインアップに、光沢のあるフィルムテープを追加。本体はシンプルでありながら、デザイン性も優れているので飾りながら使うこともできます。随所に遊び心をちりばめ、雑貨のような見た目を目指しました」と説明した。

 また、新たに立ち上げたブランド「HITOTOKI」について、商品企画部の望月真希子氏は、「何気ない日々をもっと好きになる、そのきっかけとなるひと時を作り出せるような文房具を作り続けたいという思いを込めた」と説明。シンボルマークは、時を表す時計をモチーフにしたもので、「フレームは日の光をイメージするプリズムの六角形。針は人を表す」と解説した。

 「こはる MP20」は、手のひらサイズの大きさで、北欧風の家をかたどったデザインのテーププリンタ。オリジナルの新フォント「スリム」「スイート」を含む7種類のフォント、36種類のフレーム、396種類の記号・イラストを搭載。絵文字やイラスト、フレームなどのデザインにも北欧風のモチーフを取り入れた。

 新たに「たて書き」機能を追加し、貼る対象にあわせて、印刷の向きを縦・横で切り替えることができる。税別価格は6800円。

 使用可能なテープは、新たに4種類の新柄を追加した「こはる」専用マスキングテープと、「テプラ」Liteテープ。これまで専用テープは、和紙素材のマスキングテープのみだったが、新しいフィルムテープは耐水性能を備え、インクのもちも向上した。「こはる」専用テープの税別価格は380円または420円。

 「HITOTOKI」ブランドは、筆箱や手帳に入れて持ち運べるマスキングテープ「KITTA」など、「HITOTOKI」のコンセプトにマッチする既存の6製品と、新製品「こはる MP20」を加えた計7製品でスタートする。