坂上忍、坂口杏里の逮捕は「自業自得」!「とうとうか......」と苦言

写真拡大

 ANRI名義でセクシー女優として活躍する坂口杏里。坂口の恐喝未遂容疑での逮捕について、20日放送の『バイキング』(フジテレビ)では、坂上忍が苦言を呈した。

 坂口の母・故坂口良子さんと親交があり、生前は世話になっていたという坂上。そのため「どこかで踏ん張れ」と杏里を応援する気持ちがあったと告白したが、「容疑者になっちゃったんですね」とつぶやくと、「とうとうというか。不安定な印象を持っていた」と坂口の状況を理解をしていたことも明かした。

 また、黒沢年男が坂口を「芸能人もどき」と形容すると、「未成熟感は否めない」と頷き、これまでも様々な騒動を引き起こしてきた坂口が礼儀を踏まえていればここまでのことにはならなかった、と落胆する様子も見せた。「どんな形でもいいから、生きていかなきゃいけない。だから稼ぐのはいいんですよ」と、坂口のセクシー女優転向については意見を避けた坂上だったが、「何に使ってるんだ。みんな生活のために使っているわけだから、遊びのために使ってこんな目にあっちゃ、そんなの自業自得としかいいようがない」と今回の逮捕については吐き捨てるように語った。落胆と怒りを隠さない坂上にスタジオは思わずシーン。「この話になるとスタジオの空気が悪くなるんだ……」と坂上が自虐的に呟く場面もあった。