【詳細】他の写真はこちら

プロジェクターというより「どこでも大画面タブレット」みたいな製品でした。

ソニーモバイルは、Android OSを搭載した短焦点プロジェクター『Xperia Touch(エクスぺリア タッチ)G1109』の国内発売を発表しました。ただ映像を鑑賞するだけでなく、プロジェクターで投影した画面上でGoogle Playの各種アプリケーションをタッチ操作できるのが大きな特徴となっています。発表によれば「壁やテーブルをスマートスクリーンに」。



予約受付開始は2017年6月9日、発売日は2017年6月24日となります。お値段はオープン価格とされていますが、ソニーストア販売予定価格は14万9880円。

投影できる画面サイズは23インチから80インチまで。赤外線イメージセンサーにより毎秒60フレームでユーザーの操作をリアルタイム検出する最大10点マルチタッチ機能を備えた今までにないデバイスですが、この『Xperia Touch』でいったいどんなことができるのかを、実際の利用シーン写真とともに解説していきましょう。

壁や机上に投影した画面をタッチ操作できる





壁や机上、床などに投影した画面を、Androidタブレットのようにタッチ操作可能です。内蔵された加速度センサーが本体の向きを検出するので、置き方によって壁やテーブルへの投影切り替えは自動で行われます。ただし画面表示は横位置が標準となっており、縦画面表示のゲームやアプリは90度倒した状態で表示されることになります。

 

タッチ操作の認識は本体正面から扇形の範囲に照射される赤外線によって行われ、最小投影サイズである23インチ表示の状態で、正しく認識するように調整されているとのこと。これは言い換えると、大画面プロジェクターとしての利用シーンでは正確なタッチ操作が想定されていないということでもあります。



キーボードによる文字入力の様子。10点マルチタッチに対応しています。投影面の壁紙や床などに多少の凹凸や溝があったとしても、本体からの赤外線さえ遮られなければタッチ入力に大きな支障はありません。ただし、複数の指で同時に操作する際などは、赤外線の陰に手指が入らないよう意識しながら操作する必要があります。



もちろんGoogleマップなどのアプリにおけるスクロール操作、ピンチズームなど一通りの操作が可能。LTEなどのモバイル回線にこそ対応していませんが、インターネット接続が必要なアプリはWi-Fi経由で問題なく動作し、Google Playからのアプリダウンロードも問題なし。



大きな画面で使ってみて楽しいアプリの一例が「Google Earth」。やはり小さなスマホ画面とは迫力が段違いです。「Fruit Ninja」などのマルチプレイ対戦ゲームのプレイ感覚も、スマホとはまったくの別物。けっこう盛り上がれます。



ピアノ、ドラムといった楽器演奏アプリも大画面向きと言えるでしょう。スマホやタブレットの画面だと「思いっきり強く叩く」のは躊躇してしまうものですけれど、机に投影した鍵盤や打楽器ならよりリアルな演奏体験ができるはずです。



家族で共有して使うことを想定して作られており、専用のアプリには共有カレンダーや手書きメモ機能が用意されています。伝言メモの定番「夕飯はチンして食べてください」をプロジェクター画面で再現することも……。

ボイスコントロールと人感センサーで日常のシーンが未来っぽく





既発の『Xperia Ear』に引き続き、ボイスコマンドによるコントロールに対応。「ハイ、エクスぺリア」と呼びかけることで、日時やスケジュール、天気、ニュースなどを音声で聞いたり、アプリを起動したりといった操作ができます。

また、人感センサーが入っているので『Xperia Touch』に近付くと自動的に画面が点く、なんて設定も可能。部屋に置いておけば、日常の生活シーンがSF映画で見たような未来世界に近付きそう。



ボイスといえば、SkypeおよびGoogleハングアウトでのビデオ通話に対応していて、専用の「ビデオコールウィジェット」が標準でインストール済み。

壁から離して設置すれば迫力の大画面に





映画鑑賞などを楽しむなら、やはり大画面表示。壁から離して設置することで最大80インチのビッグサイズで映像を楽しめるというわけ。赤外線センサーの認識範囲の制約から正確なタッチ操作こそできなくなりますが、家庭用プロジェクターといえばテレビ以上の大きさで迫力の映像を楽しみたいもの。ただし、机や床への大画面投影は想定されていないということです。

ちなみに本体にもステレオスピーカーは内蔵されていますが、物足りなく感じるようなら別途用意したBluetoothスピーカー等に外部出力することだって可能です。

コンパクトなサイズで、利用シーンが広がりそう





本体は幅6.9cm、重量約932gと、小型軽量。内蔵バッテリーで1時間動作できることもあり、家庭内であればあちこちに持ち運んで使えます。



ちょこんと設置すれば壁でもテーブルでも大きなタッチ画面に早変わり。アイデア次第で様々な活用ができるかもしれません。「PS4リモートプレイ」に対応しているのは、ゲーマーにとってちょっと気になるポイントかな。



本体のコンパクトさもさることながら、電源アダプタまで小型なのが特筆すべきポイント。友だちの家に持ち込んだり、結婚式の二次会などイベント会場などで使うといった利用シーンがいろいろ想像できます。専用キャリングケースなんて登場してくれたら嬉しいのですけれどね。

家庭用としては初のタッチ対応プロジェクターという今までにない製品であるということ、そして約15万円という価格設定から、どこまでの人気アイテムになるかはいまだ未知数な『Xperia Touch』。とはいえ、明確な使い道が思いつく人にとっては、意外とこのお値段でも安いと感じるかも? じっくりと使い倒してみたい注目アイテムではあります。

撮影・文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト



Xperia Touch(G1109)Xperia Smart Products

関連記事



【本日発売】ソニーの音声アシスト・イヤホン『Xperia Ear』の装着感ってどうよ?

耳栓型音声アシスタント『Xperia Ear』の使い勝手、そして「中の人」の正体【動画4本】