ナムグン・ミン、ドラマ「操作」に出演決定…不正を暴く記者を演じる

写真拡大

俳優ナムグン・ミンがSBSの新月火ドラマ「操作」に出演を確定した。

ナムグン・ミンの所属事務所である935エンターテインメントは「前作の『キム課長』がたくさん愛されて次回作を決定するにおいて本人も最後まで悩みに悩んだ。ドラマ『操作』は『キム課長』とは違う、ナムグン・ミンの真剣でカリスマ性溢れる魅力を披露できるドラマだ」と出演確定のニュースを伝えた。

「操作」は記者と検事のストーリーを描くドラマで、イ・ジョンフムプロデューサーが演出を担当し、キム・ヒョンジョン脚本家が台本を執筆する。

劇中ナムグン・ミンはトラブルメーカーの記者ハン・ムヨン役を演じる。記者として不正を告発して殺された兄を目の前で見た後、復讐のために自ら記者になって不正を暴いていく役だ。

本作は現在ユ・ジュンサン、チョン・ヘビン、チョン・ウヒなどが出演を検討中で、「猟奇的な彼女」の後番組として韓国で7月に放送がスタートする予定だ。