七転八倒の苦しみを伴うと言われている病気「尿路結石」。病気の中でも特にひどい激痛を伴う3つの病気のことを「3大激痛」と呼ぶそうですが、これの1つに数えられるのがこの尿路結石という病気です。経験したことある方のみが語れる尿路結石の激痛ですが、それほど痛いといわれているのなら、発症経験のないわたしたちも絶対に経験したくないものですよね。そんな絶対になりたくない病気「尿路結石」の正体と予防法について紹介したいと思います。

尿路結石とはどのような病気なのか

尿路結石は名前の通り、尿の通る道に「結石」というカタマリが発生する病気です。尿の通る道といっても、腎杯、腎盂、尿管、膀胱、尿道、というように複数ありますので、一概に尿の出口にできるものというわけではないのです。結石というカタマリの正体ですが、当然道端に落ちている石とかではなく、シュウ酸カルシウム、リン酸カルシウムなどでできたカタマリのことを指すようです。

尿路結石は具体的にどれほど痛いものなのか

尿路結石を発症して痛みを伴うメカニズムとしては、腎杯・腎盂でできてしまった結石が尿管まで下降し、尿の通過障害が起きることによって、発作が生じるというもの。腰の背部や、腹の側部・下部等に痛みが発生し、吐き気をもよおして嘔吐してしまうこともあるようです。その痛みは激しく、まさしく七転八倒の痛みとも言われています。ちなみに結石が腎杯・腎盂にまだある場合は、軽い鈍痛を伴うようです。

尿路結石を予防しよう

尿路結石が怖いのは十分わかりましたが、これをどう予防すればいいのかが気になるところですよね。尿路結石は適切な食事と、十分な水分摂取で発症リスクを下げることができるといわれています。食事はバランスの良い栄養素はもちろんのことですが、尿路結石を誘発させるといわれる、動物性蛋白、脂肪の過剰摂取には十分注意しておきたいところです。他にもシュウ酸が多く含まれる、チョコレート、ナッツ類においても食べすぎには注意しておきましょう。そして十分な水分摂取ですが、日頃多く水を飲み、尿量を増やすことで、結石となる物質を流しだすことが可能になるようです。

痛みに強い人でも音を上げるほどの痛みを伴う尿路結石。あまり日常的に不摂生な生活を続けていると、気づけば尿路結石を発症し、地面をのた打ち回る事態も十分想定されます。発症したくないという方は、適切な食事と十分な水分摂取を常日頃から心がけておきましょう。


writer:サプリ編集部