エマ・ワトソン(Emma Watson) photo : Getty Images

いよいよ4月21日(金)に日本でも公開される映画『美女と野獣』。世界中で大ヒット、興行成績が10億ドルを突破したことが明らかに!

2月にアメリカで公開されたのを皮切りに、世界中で大ヒットしている映画『美女と野獣』。先週、全世界の興行成績が10億ドル(約1086億円)を突破した。これは今年公開された映画の中でトップだと報じられている。

ここで注目したいのはエマ・ワトソンの収入額! 新聞「デイリーメール」によるとベル役のギャラは「たった250万ドル(約2.7億円)」。トップ女優としては多くないと報じられているけれど、興行収入の一部が分配される契約になっているという。同紙によると彼女には現時点で1500万ドル(約16.2億円)が分配されるそう。ということは、現時点で1750万ドル(約19億円)がエマの元へ!

専門家によるとこれによりエマが次回以降の「最も稼いだ女優」ランキングに入る可能性が濃厚に。ちなみに昨年の1位はジェニファー・ローレンスで4600万ドル(約49.9億円)。9位には1100万ドル(約12億円)のミラ・クニスが入っている。昨年と同じ水準で女優たちが稼いでいるなら、エマのランクインは確実。あとはどこまでランクアップするかどうか。要注目!

text : Yoko Nagasaka